初級発声練習 発声が上手になる ボイストレーニング

声を出す発声練習 、 発声初級編

スポンサーリンク

 

歌は、人を感動させる力があります。

 

姿勢を正して自然と声が出るようにします。

 

発声練習は、基礎的ことを理解して進めると、上達が早いです。

 

基礎を知っているのと、知らないのとはずいぶん違いがあります。

 

良い声や、ハリのある声を出すためには腹式呼吸が必要です。

 

発声練習を正しい方法で練習して歌います。

 

歌は全身を使って感情表現をするもので、歌って楽しくするには、喉の上手な使い方、発声練習が必要です。

 

何気ないところでは、カラオケから本格的な歌のレッスン・ボイストレーニングなどの専門的なスクールなど、いろいろなところで発声の練習の場所があると思います。

 

実際に、声を出せるようになってくると、歌の世界が変わります。

 

歌は、年齢・性別に関係がなく、自由に表現して楽しめます。

 

ジャンルとしては、歌謡曲、演歌、ニューミュージック、ラップ、ロック、パンクなど歌主体のもの、ミュージカル、オペラなど演出プラスうたなどジャンルは様々ですが、歌い手は歌を通じて表現できる。

 

自分の世界を作りながら、聞いてくれている人にも感動を与える事ができる。

 

スポンサーリンク

 

歌とパフォーマンスをすることで、何百から何万人の人も感動を与えることもできる。

 

よく、コンサート、ミュージカルを見に行った時を想像してみてください。

 

聞きに来る、見に来るお客さんが歌い手と一体となり、コンサートなどが行われ、感動や感銘を与えることができます。

 

これは、歌い手の魅力に尽きるとおもいます。

 

そのためには、発声の練習、声帯の使い方、いきなり声を出さない為の朝の練習法(喉を痛めない練習法)の基本をマスターします。

 

技法的には、高音を出し安くするための喉頭ぶの使い方、響きをだす鼻腔共鳴の目的や忘れがちな舌の位置。

 

声を出しやすくするための、ペットボトルを使用しての簡単腹式呼吸マスター、母音法で発音をハッキリ発音など基本をマスターします。

 

基本が習得出来ると、いろいろな場面での活用ができ、ミュージカル、ゴスペル、司会、放送などの多方面での活躍の場で生かされます。

 

楽しみを持って練習をしてみます。

 

-- さあ! 初めてみましょう。 --

 

スポンサーリンク