ゴスペル 発声 違い

ゴスペルの発声の違い!

スポンサーリンク

ゴスペル発声についてですが、ゴスペルはマメリカで発祥した音楽に1種です。
どの歌であり基本的な発声の方法は同じで、ゴスペルで会っても他の発声と基本的には同じです。
歌をうたうにあたり、基本は腹式呼吸が基本として日々練習が必要で、腹式呼吸がしっかり出来ているようであれば、素晴らしい声で十分気持ちを込めた歌として歌唱出来るようになります。
そこで、ゴスペルに場合でコーラスは3つに分類され、ソプラノ、アルト、テナーにコーラスは分かれ、この3つが混ざることで素晴らしいコーラスが出来上がります。
それぞれの素晴らしいパートが響きをもち、一緒に歌い合わせることにより、素晴らしい歌としてのまとまりができます。
そのために、コーラスをするそれぞれのパートが気持ちを合わせる事が必要で、ソプラノ、アルト、テナーが他のパートの状態を確認しつつ、口元見ながら合わせるようにして歌い合わせる事が大事です。

スポンサーリンク

ゴスペルの発声のポイントと他の歌との違いとは、
ゴスペルは躍動的なビートと手拍手で、明るくパワフルで時にはゆったりしたテンポで語りかけるように神への賛美が歌いあげられる、これがゴスペルになります。
その歌声はパワフルかつソウルフルで、参加者や歌い手、会場を魅了します。
ゴスペルの発声法は、ほかの音楽とは少し異なる独自性をもち、その違いは全身を使い発声するパワフルさが特徴で、人の魂の歌と言うような歌声を放出します。
歌い方は、喉を開き腹式呼吸で腹から思い切りよく発声し、鼻から息を抜く方法です。
(近い表現とすれば、鼻腔共振、腹式呼吸法が近いかもしれません)
ゴスペルは、鼻から美しい音が抜けて迫力のある音が生まれます。
ゴスペルは喉で歌わず、全身の体を使って歌いますが、ゆったりと
して、力を抜いて歌うことが必要です。
ゴスペルは明るく笑顔で歌うことが楽しみです。
最後に、ハーモニー(ソプラノ、アルト、テナー)での混合の美しい奏でで、リズム感を大事にして、母音の発音を注意しながら、笑顔はゴスペルの最大の魅力ではないでしょうか。
口角を気持ちよく持ち上げ、心の底から気持ちを込めて笑顔で歌います。

スポンサーリンク

関連ページ

きれいな笑い方を獲得する発声法について
合唱でピッチを合わせる方法とは。
合唱を行う際の息漏れを防ぐ方法について
司会練習法。
放送部練習とは。
放送部の練習メニューと基本
発声の時、痰がからむ原因 その1
発声の時、痰がからむ原因 その2
高齢者の為の、発声練習その1
高齢者の為の発声練習その2
オペラとミュージカルの違い!
ハミング合唱、発声練習!
ブルガリアンボイスの特徴と声の出し方!
1/fゆらぎとは,1/fゆらぎ歌手。
パッサージョ!ファルセットに変わる音域とは。
合唱歌い方
ミュージカル 発声練習方法
発声練習ができる場所はどこがいい
俳優や声優の、叫び声の練習方法
応援団の大きな声の出し方
声帯の振動による発声の仕組み
劇団四季で行っている母音法という発声練習
コーラスやアカペラ、バンドの声の出し方
筋肉を鍛えることが発声練習法で母音法と声帯だけを選ぶ理由
パッサージョの声帯の開き方とは
演歌のビブラートやこぶしの上達法
演歌で声を大きく出す喉を使わない方法
演歌だけでなくろうそくの火を使う練習法
ハミングで合唱するときの歌い方
司会の声の出し方と喉の奥を開く
カラオケボックスの合唱練習の歌い方
ラップの歌い方のテクニックやコツ