透き通った声 出し方 練習方法

透き通った声の出し方と練習方法

透き通った声と言うのは非常に魅力的なものとなっています。

 

透き通った声というのはプロの歌手にしか出すことができないと考えている人がいますが、決してそのようなことはありません。

 

少し工夫をして練習をするだけで、透き通った声を出すことができるのです。

 

スポンサーリンク

 

透き通った声の出し方としては次のような練習方法があります。

 

まずはしっかりと発音をすることが必要となるので、その出し方として滑舌をよくするという方法があります。

 

滑舌が悪いとのどの使い方も上手に行うことができません。

 

したがって透き通った声の出し方としては、滑舌を良くする練習方法が必要になります。

 

そのためには次のような練習方法があります。

 

それは早口言葉を練習するという方法になります。

 

このほかに透き通った声の出し方の練習方法があります。

 

それは喉の奥を開いて発声すると言うことになります。

 

喉が開いていない状態では、空気を通るときに喉がふさがっている部分がすれて、かすんだような声になってしまいます。

 

これでは透き通った声を手に入れることができません。

 

したがって透き通った声の出し方としては、あくびをするときのような感じで口を大きく開く練習方法が必要です。

 

口を立てに開いて、あくびをするときのような感じで、口の奥を上下に開くという練習方法が効果があります。

 

またこのほかにきれいな声の出し方の練習方法としては、高音を意識すると言うことになります。

 

スポンサーリンク

 

低い音というのは、声帯が下がった状態となります。

 

これは人間が力を入れなくても出せる音となっています。

 

したがって力を入れずに声を発声すると、声が低くなって声帯に力が入りません。

 

その結果上手に閉まらなくなってしまうので雑音が混ざってしまいます。

 

しかしこの時に高い声で話すというような練習方法を行うことで、喉が上手にしまってきれいな声が出やすくなります。

 

普段からこのような声の出し方を行うことで、高い声を楽に出すことができるようになります。

 

またたばこやアルコールなどもできるだけ避けるというのがきれいな声の出し方には必要となります。

 

これらは喉を潰す原因となってしまいます。

 

したがって咳をあまりしないようにしたり、お酒やたばこを控え、頻繁に喉を使うというようなカラオケに行かないようにすることが大切になります。

 

腹式呼吸を身につけると言うことも大切です。

 

スポンサーリンク