司会 声の出し方 喉の奥を開く

司会の声の出し方と喉の奥を開く

スポンサーリンク

会議や発表などの場で司会をするということがあります。
司会を聞くと非常に緊張をするという人がいますが、しっかりと練習をすることでスムーズに司会をすることができるようになっています。
人は司会と聞くと緊張をしたり自信がなくなったりと言うことがありますが、結婚式やイベントや会議などで司会をしなければいけない場面はたくさんあります。
このようなときに緊張をするという人がいますが、しっかりとポイントを押さえておくことで、悩みを解決することができます。
そこで気になるのが声の出し方についてです。
人の前に立つと非常に緊張して声帯が硬くなってしまいます。
声が裏返ったり話す言葉をはっきりと聞き取ることができなかったりあやふやになってしまうこともあります。
このような問題を解決するためには、普段からしっかりと連取をしておくことが必要になります。
それが声の出し方となります。
司会では声の出し方と共に喉の奥を開くと言うことが大切になります。
喉の奥を開くと言うことを意識すると、声も聞き取りやすくなります。
声の出し方としては、喉の奥を開くように意識をして腹式呼吸をします。

スポンサーリンク

早く話をしたりすると非常に聞き取りにくくなってしまいます。
したがって普段からゆっくりとした会話をすることで、司会の時も同じように声の出し方をすることができます。
ゆっくりとした声の出し方を行うときには、喉の多くを開くというイメージが大切です。
喉の奥を開くというイメージで話をすると、ゆっくりとした速度になるので練習の中に取り入れるようにします。
また司会を行うときには声の出し方として喉の奥を開くと言うことに意識をしますが、これ以外に話の話題が起きる物事や話の信用性や話の方向性を転換することも必要になります。
また最後にはしっかりとまとめることも大切です。
喉の奥を開くと言うことを意識し、話す相手へ気持ちを込めることが必要です。
声の出し方としては大きな声で、相手の目や表情を見るというのを忘れないようにします。
喉の奥を開くと言うことに意識をしますが、あくまでも自然さを見失わないようにします。
しかし進行の場合には、喉の奥を開くと言うことに意識をするのが難しくなっていますが、主となる目線は中央に持って行って左右に視線を向けたりして会場を全体に見渡すようにします。

スポンサーリンク

関連ページ

きれいな笑い方を獲得する発声法について
合唱でピッチを合わせる方法とは。
合唱を行う際の息漏れを防ぐ方法について
司会練習法。
放送部練習とは。
放送部の練習メニューと基本
発声の時、痰がからむ原因 その1
発声の時、痰がからむ原因 その2
高齢者の為の、発声練習その1
高齢者の為の発声練習その2
オペラとミュージカルの違い!
ハミング合唱、発声練習!
ブルガリアンボイスの特徴と声の出し方!
ゴスペルの発声の違いとは。
1/fゆらぎとは,1/fゆらぎ歌手。
パッサージョ!ファルセットに変わる音域とは。
合唱歌い方
ミュージカル 発声練習方法
発声練習ができる場所はどこがいい
俳優や声優の、叫び声の練習方法
応援団の大きな声の出し方
声帯の振動による発声の仕組み
劇団四季で行っている母音法という発声練習
コーラスやアカペラ、バンドの声の出し方
筋肉を鍛えることが発声練習法で母音法と声帯だけを選ぶ理由
パッサージョの声帯の開き方とは
演歌のビブラートやこぶしの上達法
演歌で声を大きく出す喉を使わない方法
演歌だけでなくろうそくの火を使う練習法
ハミングで合唱するときの歌い方
カラオケボックスの合唱練習の歌い方
ラップの歌い方のテクニックやコツ