演歌 ろうそくの火 練習法

演歌だけでなくろうそくの火を使う練習法

スポンサーリンク

演歌や浪曲を中心に行われる、ろうそくの火を使った練習法は、初めて聞くと漫画やアニメの中だけのことと考える人が少なくありません。
しかし、実際に有効な練習法として、演歌だけでなく歌を歌う人すべてに当てはまります。
やる前に気を付けてほしいこととして、ろうそくの火はろうそく立てで固定する事、ろうそくの火の周辺に燃えやすいものを置かない事、机の上など安定した場所に置く事、一定時間練習したら窓を開けて室内を換気することです。
具体的なろうそくの火を使う練習法は、火のついたろうそくを机やテーブルの上に置き、50cm程度離れた場所から歌を歌ってろうそくを消さないようにします。
たったこれだけですが、練習法として優れていることは、実際にやってみた人ならばよくわかる方法です。
演歌を歌わなくても、歌を歌うときに腹式呼吸を行うことは当然となっています。
練習として歌を歌ってみると、すぐに消えてしまう場合は呼吸方法が間違っているか、あるいは吸った息が声にならずに息のまま口から出ている可能性が高いので、呼吸法を見直すことが肝心です。

スポンサーリンク

ろうそくの火を使った練習法は、演歌を歌うときに最も重要な腹筋を鍛える方法ですが、腹式方法で間違っている場合、正しくやり方を学びなおす必要があります。
正確に呼吸方法を理解して実行することが、歌を歌うときに最も大切な方法です。
演歌だけでなく、全ての歌を歌う人にとって、ろうそくの灯を消さないで歌う練習方法は必ず役立ちます。
腹式呼吸を行うとき、おなかをへこませて呼吸を吐くことが大切ですが、呼吸を深くはく方に集中してください。
声を出す事、呼吸を整えることこそ大切な方法です。
力を入れすぎて返って喉に力が入り、良い声が出ないことは往々にしてあります。
そのため、力が入っているか確認するためにろうそくの火を使った練習法を実行することが大切です。
力を入れすぎていなければ演歌も響くように歌えるといいますので、毎日ではないにせよ、定期的にろうそくの火を使った練習法で、現在の呼吸の状態を確認してください。
演歌歌手を目指す人ばかりか、歌をうまく歌いたい人、演歌以外にも歌手を目指す人はたくさんいます。
すべての人がろうそくの火を使った練習法を試すことで、声の良さを伸ばす可能性につながるのです。

スポンサーリンク