合唱指導 いい歌声 出す方法

合唱指導でいい歌声を出す方法

合唱指導についてお話になります。

 

子供たちが自信をもっていい歌声を出す方法を教えるのが、合唱指導です。

 

適切な合唱指導を行うには、いい歌声を出す方法を学んで、わかりやすく系統づけてまとめ、質問をシミュレーションしておくことが重要となります。

 

具体的に合唱指導として大切なのは、子供たちが合唱を愛せるような指導を行うことです。

 

スポンサーリンク

 

例を挙げると、いい歌声を出す方法をユーモラスに教え、興味を持ってもらえるようにしてください。

 

一番最初に興味を持ってもらうためには、関連している映画やドラマ作品を見てもらうことです。

 

作品によりますが、実践できる指導が描かれることが少なくありません。

 

そのため、適切に指導できる部分を子供たちに見せて、相手が興味を持ちやすくすることが大切です。

 

第二に、いい歌声を出す方法の基礎である呼吸方法をマスターできるような指導が、合唱指導として適切といえます。

 

どんなことでも呼吸は基本的なものだからこそ、基礎を適切にマスターできるように、ペットボトルや専用の道具を使用し、毎日少しずつ実践してもらうことで、学んでもらえるような指導が大切です。

 

スポンサーリンク

 

腹式呼吸をマスターできたら、次はいい歌声を出す方法として、あくびをするような口の動きなどを含めた、顔の筋肉の運動をサポートしてください。

 

合唱指導であまり注目されていませんが、顔の筋肉の動きは発生や滑舌に大きな影響をもたらします。

 

合唱のためには適切に学べるように配慮することが大切です。

 

顔やのどの動きを覚えてから、ピアノの動きに合わせて音程を知ってもらってください。

 

音階を挙げたり下げたりして発声練習を繰り返し、正しい音程を学んでもらう事、発声練習を正しく行うことが合唱指導の基礎です。

 

子供たちに具体的な声の出し方として、どこまで声を届けたらいいのかのアドバイスが、合唱指導に重要なポイントといえます。

 

いい歌声を出す方法は基礎がしっかりしていること、さらに表現力を学んでいることです。

 

表現力や小手先のテクニックを覚える前に、合唱指導で基礎を徹底的にマスターしてもらってください。

 

子供たちはもともといい歌声を出す方法を知らないだけで、良い素材を持っていることが少なくありません。

 

だからこそ、いい歌声を出す方法の基礎を学び、基礎をマスターしてから応用に結びつけることが大切です。

 

スポンサーリンク