演歌 ビブラート こぶし 上達法

演歌のビブラートやこぶしの上達法

スポンサーリンク

演歌を歌うときにビブラートやこぶしという言葉を耳にすることがあります。
演歌を歌うときにはこぶしやビブラートというのは非常に欠かせないものとなっています。
したがってこぶしやビブラートを習得するためには、しっかりと上達法を頭に入れておく必要があります。
こぶしとはどのような特徴があるのかというと、演歌の中で節回しをするときに強調するテクニックのことになります。
演歌ではこぶしが非常に重要なものとなっていますが、民謡の中でもこぶしが使われることがあります。
ポップスなどではビブラートが非常に重要となります。
さりげなく演歌やポップスの中でこぶしやビブラートをきかせることで、歌にさまざまな変化や表現を持たせることができます。
こぶしやビブラートをきかせるためには、次のような上達法があります。
演歌などを歌うときに、歌詞の中に声を伸ばすところで足をぐっと踏み込むという方法があります。
これが上達法の一つとなります。
こうすることで節回しを強調することができます。
より強いビブラートを表現することができます。
しかしビブラートなどを行うときには気をつけなければいけないことがあります。

スポンサーリンク

それは演歌やポップスなどを歌うときに、ビブラートを一定にするのではなく歌う曲やジャンルによって変化させると言うことになります。
ポップスの場合は母音をさりげなく強調させるというような方法が効果があります。
これが上達法となります。
またポップスでは強いこぶしを入れることで演歌のような印象を与えることができます。
これも歌に変化を持たせるというような上達法となっています。
演歌や民謡のイメージが強いこぶしとなっていますが、上達法としては実際にこぶしを握るという動作を行うと効果があります。
これでお腹に力が入り、歌の中で出てきやすくなります。
上達法としてはカラオケを利用するという方法もあります。
ここに出てくる画像をつかってイメージをつかみます。
また母音を2回言うというのも上達法となります。
練習を始めた頃にはポップスを歌っても演歌のように聞こえることがありますが、出し方になれてくると、体や喉がリラックスした状態でさりげなく入れることができるようになります。
これらのポイントを意識しながら歌うようにします。

スポンサーリンク

関連ページ

きれいな笑い方を獲得する発声法について
合唱でピッチを合わせる方法とは。
合唱を行う際の息漏れを防ぐ方法について
司会練習法。
放送部練習とは。
放送部の練習メニューと基本
発声の時、痰がからむ原因 その1
発声の時、痰がからむ原因 その2
高齢者の為の、発声練習その1
高齢者の為の発声練習その2
オペラとミュージカルの違い!
ハミング合唱、発声練習!
ブルガリアンボイスの特徴と声の出し方!
ゴスペルの発声の違いとは。
1/fゆらぎとは,1/fゆらぎ歌手。
パッサージョ!ファルセットに変わる音域とは。
合唱歌い方
ミュージカル 発声練習方法
発声練習ができる場所はどこがいい
俳優や声優の、叫び声の練習方法
応援団の大きな声の出し方
声帯の振動による発声の仕組み
劇団四季で行っている母音法という発声練習
コーラスやアカペラ、バンドの声の出し方
筋肉を鍛えることが発声練習法で母音法と声帯だけを選ぶ理由
パッサージョの声帯の開き方とは
演歌で声を大きく出す喉を使わない方法
演歌だけでなくろうそくの火を使う練習法
ハミングで合唱するときの歌い方
司会の声の出し方と喉の奥を開く
カラオケボックスの合唱練習の歌い方
ラップの歌い方のテクニックやコツ