コーラス ハミング 歌い方

コーラスのハミングの歌い方

スポンサーリンク

 

コーラスでハミングという歌い方があります。

 

ハミングという言葉を聞くことはあっても実際にどのような歌い方をすればいいのかわからないという人が少なくありません。

 

コーラスの中でハミングを行うことができるというのは非常に重要なポイントとなります。

 

そこで気になるのはコーラスの際のハミングの歌い方となります。

 

ハミングはボイストレーニングを行うときに非常に重要なポイントと考えられています。

 

ハミングは鼻歌のことになります。

 

これはコーラスの中で、喉ではなくお腹で歌う際に大切なトレーニングと考えられています。

 

ハミングの歌い方は次のようになっています。

 

それは好きな歌を、口を閉じて歌うという方法となります。

 

しかしコーラスでハミングを行う際には注意をしなければいけないことがあります。

 

それは歌い方の中で、口を閉じて力んでしまわないと言うことです。

 

お腹から穴に抜ける声が、力が入ることで鼻と喉の付近で歌ってしまうと言うことがあるからです。

 

したがってコーラスのハミングの歌い方としては、鼻の奥の方ではなく、鼻の先の方が少しかゆくなるような感じで発生をします。

 

スポンサーリンク

 

コーラスの際には意識をしなければいけないことがあります。

 

それは鼻腔共鳴のこつをつかむ歌い方をするということです。

 

舌全体を口の中の上顎に付けるようにした状態でハミングを行います。

 

鼻筋に音を響かせるようにしてたくさんの歌を歌うようにします。

 

コーラスの際に注意をしなければいけないことは、あまり高い音のある曲を選ばないと言うことです。

 

自分が歌っているときにちょうど良い歌を選ぶと言うことが大切になります。

 

このときの歌い方のポイントとしては、舌を上顎全体に付けると言うことです。

 

こうすることで吐く息の通りを塞ぐことができます。

 

塞ぐというしぐさは、口腔共鳴をしないことにつながるので非常に有効です。

 

したがって声が鼻だけを通ることになるので、鼻の振動をしっかりと感じることができます。

 

鼻筋が少しかゆくなると言うような症状を感じるときには、鼻腔共鳴をしているという証拠となります。

 

このような練習を行って、非常に厚みがある声に変化できるようにしっかりと感覚をつかむことが大切になります。

 

声帯を開閉することと同じくらい大切な練習となります。

 

スポンサーリンク