パッサージョ 声帯 開き方

パッサージョの声帯の開き方とは

スポンサーリンク

歌を歌うときに、パッサージョという言葉を耳にすることがあります。
しかしパッサージョとは実際にはどのような特徴があるのかわからないという人も少なくありません。
パッサージョとは次のようなものとなっています。
これはイタリア語となっており、英語ではチェンジの意味となっています。
発声をして音程を上げていくと言うことがありますが、このときに地声では音域がつらいと感じることがあります。
このように歌いにくくなる高さの音のことをパッサージョと呼んでいます。
このときに歌い方を変化させることでスムーズに音を出すことができるようになっています。
低い音から高い音へ上げていくときに、声や喉が苦しくなりますが、声の出し方や声帯の開き方を変えることで、軽い音や頭に抜ける音を出すことができます。
このような声帯の開き方を行うことで、さらに高い音を出すことができるようになっています。
このように声帯の開き方と声の変化と音域を、パッサージョと考えるようになっています。
男性は声帯の開き方を変えることで、高い音域まで発声することができるようになっています。

スポンサーリンク

男性はパッサージョの音域からファルセットに切り替えることで、高い音域まで発声することができるようになっています。
したがってこれを自分の特徴として発揮している人も多くなっています。
ここで大切なことは、パッサージョをしっかりと使いこなすこととなります。
そのためには声帯の開き方が大切になります。
パッサージョからファルセットへと切り変えるときに違和感なくするためには、音量や音域や響きを少なく表現することが大切になります。
そのために重要なことが声帯の開き方となります。
声帯の開き方として意識をしなければいけないことは、高い音から半音ずつ上げていき、パッサージョの切り替わる音階をなめらかにすると言うことが大切です。
声帯の開き方では、地声との変化を繋げて違和感なく表現するために、時間をかけて習得することが必要になります。
なめらかに自由にコントロールしていくことで、聞いている人に違和感を与えることがない発声をすることができます。
そのためにはパッサージョの音階のポイントをしっかりと見つけることが必要になります。

スポンサーリンク

関連ページ

きれいな笑い方を獲得する発声法について
合唱でピッチを合わせる方法とは。
合唱を行う際の息漏れを防ぐ方法について
司会練習法。
放送部練習とは。
放送部の練習メニューと基本
発声の時、痰がからむ原因 その1
発声の時、痰がからむ原因 その2
高齢者の為の、発声練習その1
高齢者の為の発声練習その2
オペラとミュージカルの違い!
ハミング合唱、発声練習!
ブルガリアンボイスの特徴と声の出し方!
ゴスペルの発声の違いとは。
1/fゆらぎとは,1/fゆらぎ歌手。
パッサージョ!ファルセットに変わる音域とは。
合唱歌い方
ミュージカル 発声練習方法
発声練習ができる場所はどこがいい
俳優や声優の、叫び声の練習方法
応援団の大きな声の出し方
声帯の振動による発声の仕組み
劇団四季で行っている母音法という発声練習
コーラスやアカペラ、バンドの声の出し方
筋肉を鍛えることが発声練習法で母音法と声帯だけを選ぶ理由
演歌のビブラートやこぶしの上達法
演歌で声を大きく出す喉を使わない方法
演歌だけでなくろうそくの火を使う練習法
ハミングで合唱するときの歌い方
司会の声の出し方と喉の奥を開く
カラオケボックスの合唱練習の歌い方
ラップの歌い方のテクニックやコツ