放送部 練習メニュー 基本

放送部の練習メニューと基本

放送部に入部しているという人がいます。
放送部ではきれいにはっきりとした声で情報を伝えると言うことが必要になってきます。
そのためにはボイストレーニングをするというのが効果的となります。
放送部では、毎日の活動の中で発声練習を行っています。
この発声練習を行うことで、筋力の向上と滑舌を良くすることができる効果があります。
したがって発声練習は非常に基本的なこととなっています。
放送部では練習メニューとして筋力向上や滑舌を良くすることが重要視されていますが、練習メニューとして準備運動を始めるための発声練習が行われています。
この発声練習は、喉から声を出すのではなく、お腹から声を出すと言うことが意識されています。
これが基本的な放送部の練習メニューとなっています。
放送部の基本的な練習メニューとしては、腹筋運動や背筋運動が行われています。
筋力を向上させる基本的な練習メニューとなっていますが、これ以外に発声のための腹式呼吸にも非常に役に立っています。
また基本的な練習メニューを行うことで、肺活量を鍛えることもできます。

放送部の基本的な練習メニューでは、肺活量を鍛えるためにロングトーンということが行われています。
ロングトーンの方法は次のようになっています。
姿勢を正しくし、背筋を伸ばして肺の中にたくさん空気を吸い込みます。
このときにお腹に空気を吸い込むようなイメージをするといいです。
一旦息を止めた後に、静かに声を出して、肺の空気がなくなるまで同じトーンで空気をはき出します。
これが放送部の基本的な練習メニューのロングトーンとなります。
このロングトーンを2セットから3セット行うことで、肺活量を向上させることができます。
肺機能の向上や腹式呼吸の向上にもつながります。
また基本的な発声練習ですが、舌をなめらかにする運動が行われています。
姿勢を正しくして胸に空気をたくさん吸い込んで、お腹を大きく膨らましながら声を出す準備を行います。
そして早口言葉を言います。
普段から早口言葉を複数連続して言ったり、発声練習をすることで、放送部に適しているはっきりとした言葉で話をすることができます。
言葉の切れやアクセントを意識することが基本的な練習メニューとなっています。

関連ページ

きれいな笑い方を獲得する発声法について
合唱でピッチを合わせる方法とは。
合唱を行う際の息漏れを防ぐ方法について
司会練習法。
放送部練習とは。
発声の時、痰がからむ原因 その1
発声の時、痰がからむ原因 その2
高齢者の為の、発声練習その1
高齢者の為の発声練習その2
オペラとミュージカルの違い!
ハミング合唱、発声練習!
ブルガリアンボイスの特徴と声の出し方!
ゴスペルの発声の違いとは。
1/fゆらぎとは,1/fゆらぎ歌手。
パッサージョ!ファルセットに変わる音域とは。
合唱歌い方
ミュージカル 発声練習方法
発声練習ができる場所はどこがいい
俳優や声優の、叫び声の練習方法
応援団の大きな声の出し方
声帯の振動による発声の仕組み
劇団四季で行っている母音法という発声練習
コーラスやアカペラ、バンドの声の出し方
筋肉を鍛えることが発声練習法で母音法と声帯だけを選ぶ理由
パッサージョの声帯の開き方とは
演歌のビブラートやこぶしの上達法
演歌で声を大きく出す喉を使わない方法
演歌だけでなくろうそくの火を使う練習法
ハミングで合唱するときの歌い方
司会の声の出し方と喉の奥を開く
カラオケボックスの合唱練習の歌い方
ラップの歌い方のテクニックやコツ