合唱 息継ぎ 呼吸法

合唱の息継ぎや呼吸法について

スポンサーリンク

 

合唱をするときには、きれいな歌声を出すために、しっかりと息継ぎや呼吸法を行うことが必要になります。

 

準備体操をして体をほぐすと言うことも必要になりますが、準備運動をすることができれば合唱の際に必要なことは息継ぎや呼吸法となります。

 

合唱では腹筋を上手に使って息継ぎをしたり呼吸法を身につけるということが必要になります。

 

息を出すことを練習したり、息の使い方を練習する必要があります。

 

ここで大切になるのは呼吸練習になります。

 

合唱では呼吸がしっかりと行うことができなければ上手に歌うと言うことができません。

 

歌う際にはしっかりと息を吸って肺に貯めて、それを効率よく使っていくということが必要になります。

 

これを意識せずに行うことができるように、息継ぎや呼吸法の練習を行う必要があります。

 

合唱ではどのような息継ぎや呼吸法が行われているのかが気になります。

 

呼吸法や息継ぎの練習としては、大きく息を吸って体いっぱいに貯めます。

 

そして鋭く一度お腹の筋肉を絞るようにして息を吐きます。

 

息を出したときにははっきりとした音が聞こえるようにします。

 

スポンサーリンク

 

ここで音を確認することができれば、しっかりと腹筋を使うことができていると判断することができます。

 

また細かく息を吐くというような息継ぎや呼吸法の練習があります。

 

合唱の練習の際に大きく息を吸い込むと言うことを行いますが、このときには背中が少し膨らむというのが理想です。

 

このような合唱の際の呼吸練習を行うことで、歌を歌うときも息を上手に使うことができます。

 

また長く息を持たせることができます。

 

合唱では息継ぎや呼吸法が重要になりますが、吸った息を効率よく使うと言うことが非常に大切になります。

 

合唱では長く良い声を出すことが大切になりますが、このときのポイントとしては、吐く息を安定して出すと言うことです。

 

高い音を出すこともありますが、この場合には濃い息を出すことが一つのポイントとなります。

 

そのためには呼吸をする筋肉を鍛える必要があります。

 

呼吸をする筋肉を鍛えるためには、ペットボトルの底に穴を数カ所開けて、飲む部分に口を当てて塞ぎ、息が漏れないようにお腹や腹筋や背中を膨らますようにします。

 

これで息を吸ったり吐いたりします。

 

スポンサーリンク