コーラス 大きい声 出し方

コーラスの大きい声の出し方

スポンサーリンク

 

コーラスで大きい声を出したいと考えている人がいます。

 

しかし急にコーラスで大きい声を出すことはできません。

 

そのためにはしっかりと発声練習を行う必要があります。

 

コーラスで大きい声を出すときに、腹式呼吸という言葉を耳にすることがあります。

 

歌を歌うときには腹式呼吸を行うと聞くことがありますが、実際に正しい腹式呼吸をすることができているのか気になります。

 

腹式呼吸とはどのような特徴があるのかというと、肺の下部に息が入ることによって、横隔膜が下がり、内臓を押し下げてその結果、お腹が膨らむという呼吸方法のことになります。

 

これによってコーラスで大きい声を出すことができます。

 

正しい腹式呼吸は大きい声の出し方につながります。

 

たくさんの空気を吸い込むことができるので、リラックスしながら安定した発生ができるようになります。

 

したがってコーラスで大きい声の出し方として非常に行われている練習方法となります。

 

コーラスでの大きい声の出し方となりますが、声に響きや厚みを持たせることができる効果があります。

 

しかしコーラスでの大きい声の出し方には注意をしなければいけません。

 

スポンサーリンク

 

間違った認識として、とりあえずお腹に力が入っていればいいと言うことがありますが、力が入りすぎてもいけないのです。

 

これでは声の出し方がしっかりと行えません。

 

コーラスでは息をたくさん吸い込んでいればいいと考えている人がいますが、この方法もあまり良くありません。

 

大きい声を出すときには、腹式呼吸ではなく声帯をコントロールするという声の出し方を身につける必要があります。

 

出し方の際に注意をしなければいけないことがあります。

 

どのような方法にも共通していることになりますが、出し方としては背筋をしっかりと伸ばして肩の力を抜いてリラックスすると言うことが大切になります。

 

またお腹にいっぱいの空気を吸い込むために、現在はいっている空気を一度はき出して、腹式呼吸をしっかり整えることが必要になります。

 

このほかに意識をしなければいけないことがあります。

 

それは手を温めるようにして息を吐き出すようにします。

 

声を出すときには、お腹で支えると言うことを行うので、腹筋を鍛えなければいけないというようになっています。

 

そのためには毎日のトレーニングが重要となります。

 

スポンサーリンク