合唱 パート 練習法 コツ

合唱を成功させるためのパートごとの練習法やコツ

スポンサーリンク

 

合唱がうまくなるのには練習を重ねることも大切ですが、それ以外にもちょっとしたコツが必要です。

 

ただ回数を重ねるだけの練習法では楽しむことができず、なかなか上達せずにきつい思いをすることになります。

 

合唱がうまくなるための練習法のコツとしては、まずパートで練習することから始めましょう。

 

まずしっかりと音をとれるようにしてから、違うパートと練習をしましょう。

 

この時、ほかのパートにつられないようにしましょう。

 

歌の出だしを揃えて音が小さくなる部分で音が不安定にならないように注意することがうまく歌う為のコツとなります。

 

合唱を成功させるためにはパートごとに効果的な練習法で練習をして、歌う為のコツをつかむことも重要ですが、それ以外にも声量や表情も合唱をする上では重要になります。

 

クラス合唱などなら声が大きいかどうかも採点の対象になります。

 

合唱をうまく歌う為のコツとしてはまずは声を出すことが重要です。

 

意味などを考えて歌に入り込んだり、強弱や言葉をはっきりと発音するといったことは声量がある程度出るようになってからにしましょう。

 

合唱をうまく歌う為の練習法の一つとして円になって歌を歌いお互いに注意しあうといった練習法もあげられます。

 

スポンサーリンク

 

合唱をうまく歌うために重要なこととしては声量や表情があげられます。

 

うまく歌う為のコツをつかむといったことももちろん大切ですが、そういったテクニックを実践するのはある程度、声量が出るようになってからにしましょう。

 

合唱の練習を始める場合にはパートごとに練習を始めましょう。

 

音がとれているということは合唱では当然のことです。

 

パートごとにしっかり練習をして歌うコツをつかめて来たらほかのパートと練習をしましょう。

 

個人で行える練習法としては自分のパートの音源を聞きながら実際に歌ってみる練習法があげられます。

 

パート毎で行える練習法としては他のパートの音源を聞いて練習をするという方法があげられます。

 

たとえばソプラノならバス、テノールならアルトというように女声なら男声の音源を聞きながら歌ってみましょう。

 

音域が離れている方が合わせやすいです。

 

それができたら二人組で歌ってみたり一人でも正しい音程で歌えているかどうか確認します。

 

パートごとで少数のグループを作ってきちんと歌えているのか確認してみましょう。

 

また他の人が歌っているのを聞いてみましょう。

 

こういったテクニックを実践することもうまく歌う為のコツですが合唱を練習する際の基本として全員でふざけたりせずに目標を持って練習しましょう。

 

スポンサーリンク