喋る時 舌の位置 おかしい 練習方法

喋る時に舌の位置がおかしい、原因と適切な練習方法

スポンサーリンク

 

喋る時にどうしてもこもったような話し方になってしまう場合、原因は複数存在しています。

 

・歯並びが悪い、または虫歯がある歯列矯正や虫歯治療を早めに行うことが重要です。

 

あるいは、口の動き、下の動きを変化させることで多少話すときの声の通りが改善します。

 

・吃音吃音が原因の場合には、専門の医療機関を早めに受診してください。

 

早めに受信することで吃音から開放され、滑舌が良くなります。

 

・肥満急激に体重が増えてしまうなどの場合、病気も考えられるので病院で検査を受けることが大切です。

 

思いもよらない病気になっている可能性があります。

 

それ以外で産後太りや不摂生による肥満の場合、滑舌も悪くなります。

 

理由として舌の位置や口の中の広さは元のままなのに、舌の太さが太くなってしまうからです。

 

そのため、太ると滑舌が悪くなるため、早急にダイエットしてください。

 

・舌の位置が下の歯にある基本的に上の歯についていることが当たり前となっていますが、舌の位置が異なることで、喋る時に滑舌が悪くなることは知られています。

 

そのため、正しい練習方法をマスターすることが話をはっきり話すために必要です。

 

スポンサーリンク

 

・正しい滑舌の為の練習方法べろは筋肉として鍛えることが可能です。

 

そのため、毎日1日20回ほど口の動きを活性化させる運動を繰り返してください。

 

その方法とは、「べろはたから」という言葉を顔全体の筋肉を使って表現することです。

 

毎日べろを大きく動かす方法が、べろの筋肉を強くし、舌の位置を上に引き上げることにつながります。

 

練習方法としては簡単ですが、毎日続けることが重要です。

 

1日だけ行って後はやらないのであれば、喋る時に効果を発揮できません。

 

そのため、毎日繰り返すことがよい結果を生み出すといいます。

 

・べろの定位置を意識するとべろの低位置は、上あごで前歯の後ろ辺りになりますが、前歯の後ろの位置をキープしているように心がけてください。

 

べろの下の歯を押していても意味がありません。

 

上の歯の部分を押しているように心がけることが、適切に滑舌をよくする最も簡単な方法です。

 

・口呼吸をしない口呼吸は歯並びを良くない形にするばかりでなく、内臓や滑舌にも悪い影響をもたらします。

 

口呼吸を避けて運動を毎日繰り返すことが、よい結果につながる方法です。

 

スポンサーリンク