声帯の役割 発声練習

声帯の役割!

スポンサーリンク

 

声帯の役割とはなんでしょうか。

 

声帯は口から音をだして、会話を擦り手段でコミュニケーションをとる重要な役割をしています。

 

声は、吸った空気を送り出す際に声帯を通るときに音、初めて声になります。

 

声帯は喉の奥に2本ある帯のことで、その声帯の動きで声がきまります。

 

普段こきゅううしている時は、声帯が開いた状態で、声をだす際は声帯が閉じ振動することで初めて、声としてでます。

 

その声は、帯が閉じていて声帯の振動が空洞部分で反響して音として、口からでます。

 

では振動する空洞部分はといいますと、口の奥にある咽頭腔、鼻の奥にある鼻腔、口の中の口腔のそれぞれが共振して音となり、さらにその音が口や舌の形を変えることで音の違いを作っています。

 

その違いが言葉であり、音です。

 

よくボイストレーニングという練習法が言われているのは、この声帯を上手く働くように練習して、声の響かせ方、ボリューム、広がりなどを作る発声練習に当たります。

 

スポンサーリンク

 

発声練習、ボイストレーニングをには、音の事を理解してあげることで、より効果が期待でる様になります。

 

人は、息を吸う吐く、声帯を振動、口・舌の動き、鼻腔などの響きを理解して声・音をだしています。

 

また、これらの声の働きをより良くすることは可能で、それはボイストレーニングで、声帯の動き、口の動き、鼻腔の動きなどをより練習することで会話、歌などの面で上手くなります。

 

よく聞く、滑舌、音域が広い、こぶし、ビブラートなどを上手にすることが練習でより良くなります。

 

簡単な声帯の練習方法として、割り箸で滑舌改善、鼻歌での鼻腔共振練習法などもあります。

 

普段より楽しみながら取り入れることで、より良い声、言葉で会話や歌に生かせればとおもいます。

 

声帯は重要な体の一部で会話をするために非常な部分でもありますので、無理は禁物です。

 

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

発声の仕組み。
発声の時の、呼吸法について。
発声の時に声が揺れる場合の対処法と良いビブラートのかけ方。
息継ぎは、鼻、口、どちらが良いか?
朝の発声練習!
鼻腔共振のコツをつかむ発声練習!
発声する時の舌の位置。
息漏れを解決する、きれいな発声練習。
喉を痛めない発声。
高音の時、喉が詰まりをなくす方法!
割り箸を使って、滑舌がよくなる方法!
小さな音で高音を出すコツ!
母音法トレーニング!
通る声の出し方!
叫び声、出し方!
ペットボトルを使った、簡単腹式呼吸マスター方法!
きれいなビブラートのコツ!
硬起声、軟起声の上手な活用法!
喉を痛めない歌い方・練習方法
下の位置が発声練習には重要で、その効果的な方法とは
喉をあまり使わない発声方法
喋る時に舌の位置がおかしい、原因と適切な練習方法
共振を意識した発声練習で通る声を手に入れる
声帯に負担かけない歌い方とは
合唱を成功させるためのパートごとの練習法やコツ
笑い声の出し方のコツと練習法
コーラスの大きい声の出し方
合唱の息継ぎや呼吸法について
コーラスのハミングの歌い方
合唱指導でいい歌声を出す方法
合唱の時、はっきりした声量の出し方のコツ
透き通った声の出し方と練習方法