喉 使わない 発声方法

喉をあまり使わない発声方法

スポンサーリンク

 

歌を歌う、大声を上げるなど喉にある声帯を使う事は少なくありません。

 

ただ、使い過ぎると喉が枯れてしまう事も多く、声帯を痛めて声がかれることもあります。

 

そこで、正しい発声方法を学んで喉に負担をかけづらい方法で声を出すことを学んでください。

 

・腹式呼吸をするおなかから声を出すのは昔からよく言われています。

 

のどを使わない発声方法を学ぶ為には、呼吸方法を変化させなければなりません。

 

そのためには、腹式呼吸をマスターしてください。

 

・腹式呼吸の具体的なやり方おなかに空気をためる感じで息を吸い、数秒止めて、吸った速度の半分の速度でゆっくりと息を吐いてください。

 

この呼吸を10回、1日5分程度繰り返すことで呼吸方法を完全に身につけられます。

 

腹式呼吸によっておなかから声を出すイメージが具現化し、のどを使わない声の出し方を身につけられるのは、多くの人が実践した事実です。

 

・べろの筋肉を鍛える舌の筋肉は思っているよりもずっと発声に影響します。

 

使用しないと筋力は弱るばかりです。

 

毎日鍛えることで滑舌が良く声も通りやすくなるので試してください。

 

スポンサーリンク

 

・舌の筋肉を鍛える方法口を閉じたまま、べろを頬と歯ぐきの間に差し入れ、ゆっくりと時計回りに一周します。

 

この時、口を決して開かないように口の筋肉に気をつけてください。

 

20回くらい回したら、反時計回りにゆっくりまわすことです。

 

その後口とまぶたに力を入れ、5秒立ってから力を抜くと滑舌が良くなります。

 

べろも使わないと筋力が弱ります。

 

毎日継続して続けることで筋力アップし、べろの力や口の周りの筋肉を鍛えられるので試してください。

 

・顔の筋肉を鍛える顔の筋肉を鍛えることは滑舌を良くし、毎日続けることで小顔にも慣れるといわれています。

 

毎日継続することが発声練習にも大きく役立つのは事実です。

 

・顔の筋肉を鍛えるエクササイズべろまわし:べろを口から思い切り突き出し、時計回りに出したまま、回してください。

 

時計回り、反時計回り各3回行う事が重要です。

 

顔面運動:「あいうえお」をいう形で顔の筋肉を動かします。

 

この時、顔の筋肉を動かす時には思い切り動かすこと、舌も同時に意識して動かすことが更に発声や滑舌を良くします。

 

毎日繰り返すことでよい結果につながるので試してください。

 

スポンサーリンク