舌の位置 発声練習方法 重要

下の位置が発声練習には重要で、その効果的な方法とは

スポンサーリンク

 

発声練習方法には様々なものがあります。

 

まず、発声にはお腹から力を出すことが大切ですから、腹筋運動から始めることもよくあります。

 

そして、どれくらい息が持つようになったか、口を大きく開け「アー」と言える間途切れずに発声します。

 

これができないと、長文を読む時に声がかすれるなどの問題があります。

 

その為、この基礎中の基礎をしっかり訓練します。

 

次に、発声練習方法として、発音の練習をします。

 

「アエイウエオアオ、カケキクケコカコ」といった調子で、最後のワ行まで発声します。

 

この時、テンポよくしたり、ゆっくり一文字ずつ伸ばしたりと、いろんなパターンで練習します。

 

そして、最後に滑舌練習です。

 

「あめんぼ赤いなあいうえお、浮き藻に小エビも泳いでる」という、あいうえおの歌をこちらもワ行もまで続けます。

 

難しければ最初はゆっくりと始め、少しずつ早くする練習をします。

 

上手く出来るようになれば「生麦、生米、生卵」といったような早口言葉を特訓します。

 

この時に、口がうまく動かなければ、舌が硬いため、滑らかにする必要があります。

 

スポンサーリンク

 

発声練習方法を実践するうえで、舌は腹式呼吸くらい重要になってきます。

 

発声しているときに、舌の位置が引っ込んだ場所にあると、口の奥を塞いでしまっています。

 

舌先が上の位置にある場合も同様に、口の中が狭くなってしまい、響きのある発声を邪魔してしまいます。

 

舌に全く力が入らないと発音に問題が出てきますが、ある程度リラックスした状態でいることが大切です。

 

その為にも、舌の筋力を日頃から鍛えておくことです。

 

そうすることで、自然と自分の理想の位置がわかるようになるでしょう。

 

また、「らぬ」と繰り返し10回以上ハッキリと言うトレーニングを続けると、ある時スラスラと言えるようになり、発声と滑舌がぐんと上達するはずです。

 

発声練習をする人には、歌手になりたい人やアナウンサーになりたい人など、様々な目標がある人が多いかと思います。

 

しかし、声が響くようになり、ハキハキ話せるようになれば、単純に自分の意見が周りに通るようになったり、明るい性格になったり。

 

声というのは、人の印象も変えることができる重要な役割を果たしています。

 

是非、発声練習にトライしてみましょう。

 

スポンサーリンク