合唱 ピッチ

合唱でピッチを合わせる方法とは。

スポンサーリンク

合唱は歌う人全員のピッチがあっていないと綺麗に聴こえることがありません。
この合唱におけるピッチを合わせるための発声練習法にはどのようなものがあるのでしょうか。
そもそもピッチとはその音に対するずれの事であり、キーボードなどと言った決まった音が出る楽器ではこれが完全に合っている状態で音が出ますが、バイオリンなどと言った弦楽器の場合、弦の締め具合や抑える位置によって的確な音を出すことが出来るとは限らず、中途半端な例えば「ド」と「ドのシャープ」の中間の音なども出ます。
人間の声においても同様であり、毒衣装であればそれが味となってさらに魅力的な歌となることもありますが、合唱となると、一人でも音がずれることによってその美しいハーモニーが損なわれてしまいます。
そのようにならないためにも、音程を確実に取るレッスンは練習において必須であり、どの団体であっても、これが出来るようになるための練習は大体行っています。

スポンサーリンク

このように的確なピッチで声を出すことが出来るようになるためにはどのようなことが必要でしょうか。
まずは腹式呼吸です。
腹筋をコントロールすることが出来るようになることによって、その音を出すために必要な力の入れ方を身につけることが出来ます。
また、これに関しては発声法の基本中の基本と言われているものであり、音程のコントロールだけでなく、声の大きさのコントロールにも役立ちます。
そして次にのどの使い方です。
人間は腹筋だけでは音をコントロールすることはできません。
こののどの開き方でこの音が出るということを身体にしみこませることによって、的確な音を出すことが出来るようになります。
それに加え、正しいのどの開き方を理解しておくことで歌を歌う時にのどに負担のかからない歌い方も身につけることが出来ます。
この2つをもとに、毎日ピアノなどを使用してその音に出せる音が近づけるようになり、最終的には的確な音が出せるようになることを目指しましょう。

スポンサーリンク

 

関連ページ

きれいな笑い方を獲得する発声法について
合唱を行う際の息漏れを防ぐ方法について
司会練習法。
放送部練習とは。
放送部の練習メニューと基本
発声の時、痰がからむ原因 その1
発声の時、痰がからむ原因 その2
高齢者の為の、発声練習その1
高齢者の為の発声練習その2
オペラとミュージカルの違い!
ハミング合唱、発声練習!
ブルガリアンボイスの特徴と声の出し方!
ゴスペルの発声の違いとは。
1/fゆらぎとは,1/fゆらぎ歌手。
パッサージョ!ファルセットに変わる音域とは。
合唱歌い方
ミュージカル 発声練習方法
発声練習ができる場所はどこがいい
俳優や声優の、叫び声の練習方法
応援団の大きな声の出し方
声帯の振動による発声の仕組み
劇団四季で行っている母音法という発声練習
コーラスやアカペラ、バンドの声の出し方
筋肉を鍛えることが発声練習法で母音法と声帯だけを選ぶ理由
パッサージョの声帯の開き方とは
演歌のビブラートやこぶしの上達法
演歌で声を大きく出す喉を使わない方法
演歌だけでなくろうそくの火を使う練習法
ハミングで合唱するときの歌い方
司会の声の出し方と喉の奥を開く
カラオケボックスの合唱練習の歌い方
ラップの歌い方のテクニックやコツ