高齢者発声練習方法、ボイストレーニングの初級編

高齢者の為の発声練習その2

スポンサーリンク

高齢者の発声練習法( その2 )
高齢者の発声練習を始めるにあたり、滑舌よくする、リズム感、などを順番に始めることをお進めいたします。
次に、発声練習も得てとして、苦手意識をもたずに進める必要がありますので、一度にするのでなく時間をかけ、負担の無いように注意しながらをお勧めいたします。
今回は
滑舌よくするになります。
 滑舌よくする方法としては、下記の単語を練習が効果的で
 「 まみむめもまも 」
 「 られりるれろらろ 」
をはっきりした一つ一つの言葉を発音し、声は大きく発音します。
顔の表情筋を鍛えることができる、舌の根っこ(下根)を柔らかくし 滑舌がよくなります。
他に、
エイ、エイ、オーッ!
エッサ、エッサ、エサホイサッサ
フレ、フレ、フレーッ
ワッショイ、ワッショイ、ワッショショイ
ヤッホ、ヤッホ、ヤッホッホー
ヤッタ、ヤッタ、ヤッター
などを、一言の言葉を区切って音を止める
「エイ」 「エイ」 「オーッ」
のように止める言葉で発音をするイメージです。

スポンサーリンク

ポイントとは発音に慣れてきたら、発音のテンポを早くする、口を大きく開けて発音する事で、滑舌や唇の動きがよくなります。
練習していくと顔の表情筋が鍛えられますので、滑舌やテンポの練習に効果あります。
上記の方法で、最初は慣れていない発音や唇の動きですので、最初は難しいですが練習をしていけば上手に出来るようになりますので、諦めずに、根気よく練習しましょう。
また、高齢者方の合同の発音練習の場合で注意点があり、合同練習の場合に周りの人の声が聞きづらい、ピアノの音が聞こえづらい場合は、遠慮なく周りの方、指導者の方に申し出をします。
音が聞きづらくて、音程やテンポが聞こえづらい為に、自分の練習にならなくなりますし、周りの方に聞きづらいことを知って頂くことは周りの方や指導者の方に迷惑をかけないために必要です。
まずは練習です。
練習は時間を見つけて、繰り返し練習します。
この練習は発声練習以外に、普段の日常会話でも効果があり会話の歯切れがよくなりますので、話す相手によく分かる会話、話し方になります。

スポンサーリンク

関連ページ

きれいな笑い方を獲得する発声法について
合唱でピッチを合わせる方法とは。
合唱を行う際の息漏れを防ぐ方法について
司会練習法。
放送部練習とは。
放送部の練習メニューと基本
発声の時、痰がからむ原因 その1
発声の時、痰がからむ原因 その2
高齢者の為の、発声練習その1
オペラとミュージカルの違い!
ハミング合唱、発声練習!
ブルガリアンボイスの特徴と声の出し方!
ゴスペルの発声の違いとは。
1/fゆらぎとは,1/fゆらぎ歌手。
パッサージョ!ファルセットに変わる音域とは。
合唱歌い方
ミュージカル 発声練習方法
発声練習ができる場所はどこがいい
俳優や声優の、叫び声の練習方法
応援団の大きな声の出し方
声帯の振動による発声の仕組み
劇団四季で行っている母音法という発声練習
コーラスやアカペラ、バンドの声の出し方
筋肉を鍛えることが発声練習法で母音法と声帯だけを選ぶ理由
パッサージョの声帯の開き方とは
演歌のビブラートやこぶしの上達法
演歌で声を大きく出す喉を使わない方法
演歌だけでなくろうそくの火を使う練習法
ハミングで合唱するときの歌い方
司会の声の出し方と喉の奥を開く
カラオケボックスの合唱練習の歌い方
ラップの歌い方のテクニックやコツ