小さなこえで高音、発声練習、ボイストレーニング

小さな声で高音を出すコツ! | きれいな高音出し方

スポンサーリンク

 

自分の声や裏声など、初めて頃は中音から高音を指す時には大きい声になりがちで、特に高音の時は力を入れた大きい声になりがちです。

 

この原因は、地声の高音で声帯のを振動させて発声しようとすると、呼吸量と勢いが必要なために、必要以上にボリュームが大きくなり大きい声になりがちです。

 

また、裏声で高音を小さな声を出そうとすると、声帯が伸びた状態、喉の奥が開いた状態から少量の呼吸で安定させる必要性があるため、横隔膜でのコントロールが重要になってきます。

 

小さい笛で笛を吹く際に勢い良く吹くと、高音と言うより共振して高音がでていません。この時息を少し抑えると、笛の音がスムーズにになる状態と同じです。

 

上記の笛のことと同じで、地声や裏声で高音を出そうとするとすると、喉は狭くなっているので、発声をする状態は難しい状態になっています。

 

今度は、姿勢の面から見て顎が上がっている状態が出きれいる場合、顎が上がっている為に、顎の筋肉に引っ張られるように喉頭が上がってしまい、結果的に喉頭が狭くなっています。

 

高音を出すときには、顎を引き喉頭を下げ、広くすることを意識して、横隔膜で息のコントロール、肺から息を出しイメージではなく、お腹から空気をだすいめーじになります。

 

もっと言えば、腹式腹式で出すイメージのほうが良いかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

この空気の調整が少しずつ少しずつ出来るようになり、高音の発声ができるようになると、小さな声でも高音が出るようになり、高音の強弱が調整出来るようになり、高音がスムーズにででます。

 

この後としては、地声、裏声、ミックスボイスを細かく使い分けできる事ができれば、いろいろな音質を持ち味として発声ができるようになります。

 

発声ポイントとして、

 

・お腹に力を入れ、腹式腹式で息を調整
・緩く口を開く

 

・喉の奥を広げる
・舌を下に下ろし喉頭を下げる
・顎を引き、喉を広げる

 

などをイメージしてお腹のちからで空気の量を調整して、きれいな小さな声の高音を出すトレーニングをして、自分の声で高音を持ち味にします。

 

スポンサーリンク