小さなこえで高音、発声練習、ボイストレーニング

小さな声で高音を出すコツ! | きれいな高音出し方

高音が出しづらい、
特に小さな声が出にくい

 

このように場合は声帯部に力が入り
力む事が影響している可能性などあります。

 

 

原因とコツを理解しましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

自分の声や裏声など、

 

初めて頃は中音から高音を指す時には
大きい声になりがちで、

 

特に高音の時は力を入れた
大きい声になりがちです。

 

 

この原因は、

 

地声の高音で声帯の振動させて発声しようとすると、
呼吸量と勢いが必要なために、

 

必要以上にボリュームが大きくなり
大きい声になりがちです。

 

 

また、

 

裏声で高音を小さな声を出そうとすると、
声帯が伸びた状態になる。

 

 

それは、

 

喉の奥が開いた状態から
少量の呼吸で安定させる必要性があるため、
横隔膜でのコントロールが重要になってきます。

 

 

例えば、

 

小さい笛で笛を吹く際に
勢い良く吹く時の経験がありますよね。

 

 

高音と言うより
共振して高音がでていません。

 

 

では、どうしていたかを
思いでして見てください

 

 

この時息を少し抑えると、
笛の音がスムーズに出ましたよね。

 

 

上記の笛のことと同じで、
地声や裏声で高音を出そうとするとすると、

 

喉は狭くなっているので、
発声をする状態は難しい状態です。

 

 

今度は姿勢の面から見て見ます。

 

 

顎が上がっている状態の場合、
顎が上がっている為に、
顎の筋肉に引っ張られるようになっています。

 

 

結果的に

 

喉頭が上がってしまい、
結果的に喉頭が狭くなっています。

 

 

 

高音を出すときには、
顎を引き喉頭を下げ、

 

広くすることを意識して、
横隔膜で息のコントロール。

 

 

更に、

 

肺から息を出しイメージではなく、
お腹から空気をだすイメージです。

 

 

もっと言えば、
腹式腹式で出すイメージのほうが
良いかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

少しず、気をつけることができれば
この空気の調整が
少しずつ少しずつ出来るようになる。

 

 

高音の発声ができるようになると、
結果的に小さな声でも高音が出るようになり、

 

高音の強弱が調整出来るようになり、
高音がスムーズにででます。

 

 

この後としては、
地声、裏声、ミックスボイスを
細かく使い分けできる事ができれば、

 

いろいろな音質を持ち味として
発声ができるようになります。

 

 

 

発声ポイントとして、

 

 

・お腹に力を入れ、腹式腹式で息を調整
・緩く口を開く

 

 

・喉の奥を広げる
・舌を下に下ろし喉頭を下げる
・顎を引き、喉を広げる

 

 

 

などをイメージして

 

お腹のちからで空気の量を調整して、
きれいな小さな声の高音を出すトレーニングをして、
自分の声で高音を持ち味にします。

 

 

一日二日では
自分の思い通りの高音は出ませんが

 

プロの歌手でも日々練習しています。

 

 

目標を持って、
一歩づつでも前進しましょう。

 

スポンサーリンク

関連ページ

発声の仕組み。
発声の時の、呼吸法の注意点を知ることが声帯をいたわります
声帯の役割と発声練習方法について
発声の時に声が揺れる場合の対処法と良いビブラートのかけ方。
息継ぎは、鼻、口、どちらが良いか。正解はあるの
朝の発声練習の方法と気をつける注意ポイントとは
鼻腔共振のコツをつかむ発声練習!
発声する時の舌の位置、発声練習にとって重要な要素です。
歌を歌うときに息漏れを解決する、きれいな発声練習とは
喉を痛めない発声には複式呼吸、舌などの使い方が重要
高音の時、喉が詰まりをなくす方法!
割り箸を使って、滑舌がよくなる方法!
母音法トレーニング!
通る声の出し方!
叫び声、出し方!
ペットボトルを使った、簡単腹式呼吸マスター方法!
きれいなビブラートのコツ!
硬起声、軟起声の上手な活用法!
喉を痛めない歌い方・練習方法
下の位置が発声練習には重要で、その効果的な方法とは
喉をあまり使わない発声方法
喋る時に舌の位置がおかしい、原因と適切な練習方法
共振を意識した発声練習で通る声を手に入れる
声帯に負担かけない歌い方とは
合唱を成功させるためのパートごとの練習法やコツ
笑い声の出し方のコツと練習法
コーラスの大きい声の出し方
合唱の息継ぎや呼吸法について
コーラスのハミングの歌い方
合唱指導でいい歌声を出す方法
合唱の時、はっきりした声量の出し方のコツ
透き通った声の出し方と練習方法