ビブラート、コブシ、発声練習

きれいなビブラート、コブシのコツ!

スポンサーリンク

 

ビブラートは喉頭の広さをたもっていて、しっかりした腹式呼吸をしているだけで自然に出てくるものなのです。

 

実際声帯の動きという事を見てみると、クラッシック、ポップスなどのビブラートと演歌のこぶしは、の喉が規則的な動きが見れれます。

 

その動きとは、喉の一部分が動く場合と、喉の全体が動く場合がありますが、声を装飾しようとする目的は同じで、喉の動きは同じような動く方をしています。

 

重要なのは、声の震えがどういう状態でおきているのかが重要です。

 

横隔膜が少ない為に、呼吸する呼吸量が大幅に減ったときに起きる、空間が少ないくなり、空気を吐ききるような状態の時に声が震えることがあります。

 

空が少なく、力がなくなり震えるのはビブラートでは有りません。

 

この場合は、声の震えになります

では、ビブラートはどうするとかかるのか。

 

スポンサーリンク

 

実際には、かけようとすることを意識するのではなく、歌っている時に自然にかかると思ってよいでしょう。

 

ビブラートは本来には、歌の感情を表現するために使われる事が多いですが、気をつけなければならない点があり、感情を表現の気持ちをが多くなりすぎ、いつの間にか変なビブラートがくせになっている事があります。

 

この曲は、一旦体が覚えてしますと、発声の時に同じビブラートが出てしまて、もとに戻すことは難しい場合があります。

 

以上のように、練習をするのであれば発声の歌の基準の音を半音ずつ上げたり、下げたり。

 

最初はゆっくりとしたスピードで半音上げたり、下げたりする練習をしていくことで、ビブラートを体が吸収しマスター。

 

ゆっくりしたビブラートが自然に出るようになってきたら、徐々に早くしてみたり、細かくしてみたりして練習します。

 

同様にコブシの練習も同じです。

 

ビブラート、コブシを自然に自分の持ち味として出るようにすれば、きれいなビブラート、声を上手く響かせる事ができます。

 

自分がメインボーカルのイメージをして練習します。

 

スポンサーリンク