パッサージョ 発声練習、ボイストレーニング

パッサージョ !ファルセットに変わる音域とは。

スポンサーリンク

パッサージョとは、
(パッサージョはイタリア語でアメリカ後でいうとチェンジになります。)
発声して音程を上げていくと地声で音域がキツくなり、歌いにくくなる高さの音をパッサージョと呼ばれています。
歌い手が低音から高音へ上げていく際に声・喉が苦しくなり声の出し方を変えて、軽い音や頭に抜ける音へ発生方法を変えて、もう一段上の音まで歌えるようになります。
この声の変化音域をパッサージョとの意味合いになります。
男性はパッサージョの音域からファルセットに切り替えて、高音域まで発声出来るようになり、ファルセットを上手く使える人は高音域を出すことが出来ルので、自分の持ち味としている歌手もいます。
では、サッパージョをどう使いこなしていくかですが、ファルセットへと切り替わる音程で違和感なくつなげるためには、音量、音質、響きをいかに少なく違和感なく表現することが重要です。

スポンサーリンク

歌い手が滑らかに自由にコントロールしていくことが、聞き手に違和感を与えない発声になります。
では、このパッサージョの音階のポイントをどう見つけていくかですが、らの音から半音ずつ上げていき、苦しくなり弱い音量に代わり地声からファルセットへ変わる音域が上がるときのパッサージョの音階で、今度は高い音から半音ずつ下げていき、ファルセットの声をキープできなくなる
音階が下がるときのパッサージョになります。
このパッサージョの切り替わる音階を滑らかにする練習をすることが、高い音域がを上手く使いこなしていくボーカルになります。
このファルセットは地声との変化をつなげ、違和感なく表現することは練習に時間をかけないと習得出来ませので練習が必要です。
上手いファルセットの歌手の代表的な歌手の方として、
EXILEのATUSHIさん
平井堅さん
などが有名です。

スポンサーリンク