高音 喉 詰まる 歌

高音の時! 喉が詰まりをなくす方法!

スポンサーリンク

 

高音の発声の時に苦しくなり喉が詰まる時に喉を開来なさいとの指導を聞くことがあると思います。

 

では、喉を開くとは何か、

 

喉を開くと言うのは、喉の奥の空間を広くすることで、例えばあくびをした状態を作れば喉を開くと近い状態になります。

 

喉を開くとなぜ良いのか。
喉を開く事は、高音発声時に高音の音を出そうとして喉仏が上がってきます。

 

喉仏が上がってくると喉の奥の空間が確保できなくて声が共振せず、声が絞られた声になり、苦しく聞こえてしまいます。

 

そのために、強制的に喉を開き空間を作る目的です。

 

声は、口の奥の空間を大きくすることができ、自分で調整出来る様になると音の幅が広がり、いろいろな声を出せるようになります。

 

スポンサーリンク

 

具体的な方法としては

 

舌の根元をを下げることです。

 

舌の根元は奥に引っ込めることではなく、あくびをイメージしてみると舌の根元が下に降りたと思います。

 

このイメージが舌の根元を下げることななり、舌の根元を下げると喉仏も一緒に下がることがわかると思います。

 

喉仏を下げると口の奥の空間が広くなったと感じたと思います。

 

同時に今度は、のどちんこが付いている部分、軟口蓋を引き上げることも練習すると、口の奥をもっと広げることができます。

 

ポイントは口を開け、喉仏を下げ、あくびをイメージしてみるとこの部分が上がった感覚がわかるとおもいます。

 

この喉仏を下げ、軟口蓋を持ち上げ口の奥を広くすることで、声のふくらみがでて、音質が良くなったことを感じたと思います。

 

この空間をうまく使うためには、高音の時に喉の空間を広げる意識をして、喉仏が上がらない様にして、普段より低音から高音まで変わらない練習をします。

 

スポンサーリンク