ペットボトル 腹式呼吸 トレーニング 簡単

ペットボトルを使った、簡単腹式呼吸マスター方法!

スポンサーリンク

 

発声練習、楽器演奏、運動などする時に肺へ多くの空気を取り込める方法が、腹式呼吸になります。

 

その腹式呼吸をマスターする簡単な方法に、実はペットボトルを使った方法があります。

 

腹式呼吸が出来るようになると、肺に多くの空気を取り込める為、歌、合唱、運動で息が続けることが出来るようになり、それだけでいきが長続きできるようになり、肺活量も多くなります。

 

腹式呼吸のメリット、効果!

 

ペットボトルを使って腹式呼吸のメリット

 

・腹式呼吸を簡単に練習が出来る!
・自宅の好きな場所で簡単に出来る!

 

・テレビなど見ながらでも出来る!
・身の回りにあるもので練習出来る!

 

ペットボトルを使った腹式呼吸の方法。

 

スポンサーリンク

 

2リットルのペットボトルを1本準備します。

 

口から息を元気よく、息を吐ききります。

 

ポイント、肺で空気を吐くのではなくお腹をへこます様に口からしっかりと生きを吐きます。

 

息を吐ききったら、今度はペットボトルを口にくわえて一気に空気を吸い込みます。

 

吸い込みをしてペットボトルがしっかりとへこみましたら腹式呼吸が出来たことにまります。

 

ペットボトルのくわえ方が弱いと、ペットボトル以外から空気を吸い込んでしまいますので、しっかりとペットボトルの口をくわえます。

 

ペットボトルでの腹式呼吸が慣れてきたら、ペットボトルを使わないで、今と同じ要領で腹式呼吸を行います。

 

お腹がへこみましたら腹式呼吸ができています。

 

但し、連続のペットボトルを使っての練習は気をつけましょう。

 

休憩も必要です。

 

定期的にペットボトルを使っての腹式呼吸はチェックする様にすると最高です!

 

スポンサーリンク