発声仕組み 発声練習

発声の仕組み 発声練習

発声と一言でいうと難しいですが、仕組みを知ることで理解が深まります。

 

まずは発生の仕組みを分類してみました。

 

発声の仕組みで大きく分けると

 

@ 呼吸
A 発声
B 共振、発音

 

の仕組みで発声ができています。

 

スポンサーリンク

 

具体的には

 

@呼吸は声帯を振動させる為に必要なもので、空気が声帯を通る時に声帯が振動して初めて、音として生まれます。

 

そして、空気の量、時間、空気の流れの強弱が出来る事で、声が自在に使えるようになっています。

 

その時に重要なものがよく聞く腹式呼吸で、「腹から声を出す」と聞く言葉で、横隔膜を上下をさせて空気を送り出します。

 

そのために、肺のみの空気の送り出しのみでは弱いので横隔膜を上下させて、肺の空気に  送り出しをサポートしています。

 

A発声は喉の奥にある声帯が振動(共振)して音となります。

 

声帯は喉に左右2個あり、左右の声帯が幅を調整して音を作っています。 

 

だだ、声帯の音は振動音のみで実際には音程はない。

 

音程はどこで作られているかですが、体の内には共振腔という空気の共振する部分と声帯の振動が作用して初めて音が作られます。
共振腔を上手に共振させることで、声の幅、声量が作っています。

 

スポンサーリンク

 

B Aの声帯が振動して出た音は、ただの音(振動)のみで、きれいな音でもなく、発声振動のようなものです。

 

  笛でいうと笛のリード(振動するリード)にようなもので、音ではなく振動音という表現のほうがただしいです。

 

  この笛の振動音が笛の本体の空洞を振動して共振することで、リードの音に違いがでて、その振動共振を調整するのが、リコーダーに付いている数カ所の穴になります。

 

  リコーダーの穴をふさぐと音階を変えることが出来る。

 

  これと同じ事が起きているのが、声帯で声帯の振動音を口、喉や体の中にある共鳴腔という空気の部屋があり、この共鳴腔を共鳴すること事で、声の幅、声量、豊かさを出しことができます。

 

  この後に、声の幅、声量に口の形、下の位置、喉の調整することで、今度は言葉として初めて表現され、母音と子音の音を使い言語を発声することができます。

 

  これが言葉として表現されます。

 

  この言葉と音階を使って表現するものが歌であり、会話になります。

 

スポンサーリンク

関連ページ

発声の時の、呼吸法について。
声帯の役割!
発声の時に声が揺れる場合の対処法と良いビブラートのかけ方。
息継ぎは、鼻、口、どちらが良いか?
朝の発声練習!
鼻腔共振のコツをつかむ発声練習!
発声する時の舌の位置。
息漏れを解決する、きれいな発声練習。
喉を痛めない発声。
高音の時、喉が詰まりをなくす方法!
割り箸を使って、滑舌がよくなる方法!
小さな音で高音を出すコツ!
母音法トレーニング!
通る声の出し方!
叫び声、出し方!
ペットボトルを使った、簡単腹式呼吸マスター方法!
きれいなビブラートのコツ!
硬起声、軟起声の上手な活用法!
喉を痛めない歌い方・練習方法
下の位置が発声練習には重要で、その効果的な方法とは
喉をあまり使わない発声方法
喋る時に舌の位置がおかしい、原因と適切な練習方法
共振を意識した発声練習で通る声を手に入れる
声帯に負担かけない歌い方とは
合唱を成功させるためのパートごとの練習法やコツ
笑い声の出し方のコツと練習法
コーラスの大きい声の出し方
合唱の息継ぎや呼吸法について
コーラスのハミングの歌い方
合唱指導でいい歌声を出す方法
合唱の時、はっきりした声量の出し方のコツ
透き通った声の出し方と練習方法