歌う時 息漏れ 解決 発声方法

歌を歌うときに息漏れを解決する、きれいな発声練習とは

歌を歌うとき、
人と話をするとき

 

発声の際には息を吐く作用により
歌、会話をしています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

特に、歌を奏でるとき
息切れを起こしていると

 

 

せっかくの歌が響かない
人に疑が届かなくなります。

 

 

 

そのためにも、息漏れををしない発声の練習
きれいな発声練習は必要です。

 

 

では、そもそも息漏れとは。

 

 

普段会話をしていて、
話す相手より聞き無しが多いとか、

 

「言葉がわくりにくい」とか、
「しゃべる時、息が抜けいない」

 

と相手より言われた経験ありますでしょうか。

 

 

滑舌の問題もありますが
このことは

 

 

声になっていない
抜けた声帯の響きになっていることが
影響しています。

 

 

要はかすれた声、音になっているのです。。

 

 

実際、

 

自分は気づかない状態ではあるが、
数人に同じようなこと言われた経験あるようならば、
息が抜けている可能性あります。

 

 

現実的に、

 

息漏れが起きていると会話が難しかったり、
長時間の会話がしにくくなり
疲れやすくもなります。

 

 

では、そもそも息漏れはなぜ起きるのか。

 

 

 

息漏れの原因としては、

 

1.歯の形が悪買ったり、歯がなかったり、
入れ歯でかみ合わせがわるい唇が
しっかり締めることが出来ない、

 

 

 

2.舌の位置が悪く、隙間のある方向から
息漏れが出ている喋る言葉の時、
息が量より多すぎて言葉として話しきれていない

 

 

などが考えられます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

そこで、自分が息漏れが起きているのか。

 

 

確認る方法としてはICレコーダーなどに、

 

自分の声で

 

「あ」から「ん」

 

まで録音し部分の声を聴き直してみて、
聞き取りにくく息が抜けているようであれば、
改善する必要あり。

 

 

 

改善の方法としては

 

 

1.歯に関しては、

 

歯科医院で歯の矯正、
入れ歯は新規で作り直す。

 

 

2.舌の位置が悪い場合は、

 

舌の矯正として舌を口から真っ直ぐに
突き出した状態で(舌が伸びきる状態)

 

 

舌先を上は上げたり
そのまま下へ下げたり(アカンベーの状態)し、
それぞれ10秒程度保持します。

 

 

 

今度は下をいっぱい縮める
(口の中へ引っ込める)状態を10秒、

 

その際口を大きく開くと
ほほの筋肉の強化にも 
出来ますので頑張ります。

 

 

これを、
3-5セットを時間を見つけて
行うことで効果あります。

 

 

 

また、この方法は
滑舌を良くする効果もあります。

 

 

短期間では効果が出にくいですが、
時間をかければ効果が出ます。

 

 

時間を見つけ

 

体のあたたまるお風呂の中で
鏡を見ながら練習するのも
良いと思います。

 

 

一日二日では効果は出にくいですが、
お風呂は毎日はいると思いますので

 

 

練習のルーティンがしやすいと
私は思います。

 

根気よくチャレンジです。

 

スポンサーリンク

関連ページ

発声の仕組み。
発声の時の、呼吸法の注意点を知ることが声帯をいたわります
声帯の役割と発声練習方法について
発声の時に声が揺れる場合の対処法と良いビブラートのかけ方。
息継ぎは、鼻、口、どちらが良いか。正解はあるの
朝の発声練習の方法と気をつける注意ポイントとは
鼻腔共振のコツをつかむ発声練習!
発声する時の舌の位置、発声練習にとって重要な要素です。
喉を痛めない発声には複式呼吸、舌などの使い方が重要
高音の時、喉が詰まりをなくす方法!
割り箸を使って、滑舌がよくなる方法!
小さな音で高音を出すコツ!
母音法トレーニング!
通る声の出し方!
叫び声、出し方!
ペットボトルを使った、簡単腹式呼吸マスター方法!
きれいなビブラートのコツ!
硬起声、軟起声の上手な活用法!
喉を痛めない歌い方・練習方法
下の位置が発声練習には重要で、その効果的な方法とは
喉をあまり使わない発声方法
喋る時に舌の位置がおかしい、原因と適切な練習方法
共振を意識した発声練習で通る声を手に入れる
声帯に負担かけない歌い方とは
合唱を成功させるためのパートごとの練習法やコツ
笑い声の出し方のコツと練習法
コーラスの大きい声の出し方
合唱の息継ぎや呼吸法について
コーラスのハミングの歌い方
合唱指導でいい歌声を出す方法
合唱の時、はっきりした声量の出し方のコツ
透き通った声の出し方と練習方法