鼻腔共振 コツ 発声練習

鼻腔共振のコツをつかむ発声練習

スポンサーリンク

 

鼻腔共振のコツをつかむ方法

 

まず、鼻腔共振とはそもそもどういうものなのでしょうか。

 

鼻腔共振とは、喉を開いて歌う方法のことで、歌うときに鼻の奥も一緒に響かせて共振をさせることです。

 

声に厚みを持たせてることで、この鼻腔共振がうまくなると声量が大きくなり上手に聞こえるようになります。

 

では具体的に鼻腔共振のコツをつかむにはですが、まず口を閉じて、舌の全体を上あごにつけるような常態で、

 

「 ドレミファソラシド 」の音程で、「 んんんんんんんんんん 」という音を、鼻筋から音をだす(響かせるイメージ)ことを練習してみます。

 

この方法がハミングになります。

 

では上手く行っているかどうかの確認は、自分でハミングしていて鼻から声が出ているか、鼻筋がもじもじくすぐったい感じがあるか、鼻の奥の喉チンコの部分の空間(喉の奥、舌の奥)に音が響いている感じがあればハミングが上手く行っています。

 

次に、「 ドレミファソラシド 」の音程で、「 まままままま 」

 

まの音が上手く出るようになったら、「みみみ・・ 」「むむむ・・」

 

「めめめ・・」「ももも・・」と発音の音を変えて低音から高音まで音程のキーを上げながら練習して発声してみます。

 

スポンサーリンク

 

ただ最初から一気に高い音までが難しければ、高い音は無理に進めるのではなく、徐々に進めていきます。

 

無理して高い音を最初からすると、喉を締めてのハミングになりますので、効果がありませんので、注意します。

 

鼻腔共振が出来るようになってくると、声の響かせる部分が多くなるので、歌に厚みが出て、歌の表現力がでます。

 

そして確認です。

 

奥歯の両方に割り箸を2本くわえ、上下の歯でくわえます。

 

その状態で、喉を絞めることなく高音をだしてみます。

 

喉を絞めることなく高音が出ていること、歌えていることが実感できたたと思います。

 

鼻腔共振が上手になると、歌に響かせる部分がおおきくなり歌に幅・表現力がでます。

 

この練習・感覚を忘れなようにして是非是非、練習することで、周りの方より上手くなります。

 

がんばりましょう。

 

スポンサーリンク