オペラ ミュージカル 違い

オペラとミュージカルの違い!

スポンサーリンク

よくオペラとミュージカルの違いあるのかな?
と言われることがありますが、今回しらべてみました。
オペラはヨーロッパ文化から生まれたクラシック音楽が基本でオーケストラが演奏、ミュージカルはアメリカ文化から生まれたジャズ音楽が基本で、電子楽器を含めた、演奏で成り立っています。
発声方法では、オペラはマイクを使わず生の声で歌い、歌手は歌うのみで踊りはダンサーが担当するにたいして、ミュージカルはマイクを使い歌手自身はダンスをもこなし演出をもこなします。
オペラは、歌手本人が自分の声のみ(マイク未使用)の地声で、オーケストラと同等の音量で歌うので、歌手本人は相当の歌唱力、声量がないとオペラは成り立たない。
また、歌手本人がオーケストラと一体の演出の為、オペラは劇場と歌手本人は一体の演出となり、劇場全体が楽器的な構成になっていますが、歌手の技量でオペラの出来栄えが決まりますので、歌手の力は重大です。

スポンサーリンク

ミュージカルはオペラと比べると、歌、演出、踊りをこなすエンターテイメント的な要素をもっています。
歌以外でも、演劇的なストーリーの会話があり、歌がありでいろいろな構成で、歌手も数人から数十人の体制で演出、構成があり、歌手やダンサーは踊り以外で、道具を使い舞台で飛んでみたりもして見に来るお客さんを楽しませます。
講演のスケジュールなどにも違いがあり、オペラは歌手が一人で歌いオーケストラとの共演をするために、歌手の体力面でも、1回公演すると数日休演のように毎日行いません。
興行収益も、数日に1回の公園の為、入場者の数も少なくなるためにチケット飲みの収益では足りないため、国・州からの補助金でまかなっている。
いわば国営に近い状態かもしれません。
そのため、オペラは気品高き、高級文化的になっています。
これに対して、ミュージカルは1日数回の公演を行い、興行収益もミュージカルのチケット飲みの収益のみに頼っている為に、ミュージカル主催者はこの収益でミュージカルの費用負担し、オペラのように国からの支援はありません。
民間的な状態にミュージカルはなっています。

スポンサーリンク

関連ページ

きれいな笑い方を獲得する発声法について
合唱でピッチを合わせる方法とは。
合唱を行う際の息漏れを防ぐ方法について
司会練習法。
放送部練習とは。
放送部の練習メニューと基本
発声の時、痰がからむ原因 その1
発声の時、痰がからむ原因 その2
高齢者の為の、発声練習その1
高齢者の為の発声練習その2
ハミング合唱、発声練習!
ブルガリアンボイスの特徴と声の出し方!
ゴスペルの発声の違いとは。
1/fゆらぎとは,1/fゆらぎ歌手。
パッサージョ!ファルセットに変わる音域とは。
合唱歌い方
ミュージカル 発声練習方法
発声練習ができる場所はどこがいい
俳優や声優の、叫び声の練習方法
応援団の大きな声の出し方
声帯の振動による発声の仕組み
劇団四季で行っている母音法という発声練習
コーラスやアカペラ、バンドの声の出し方
筋肉を鍛えることが発声練習法で母音法と声帯だけを選ぶ理由
パッサージョの声帯の開き方とは
演歌のビブラートやこぶしの上達法
演歌で声を大きく出す喉を使わない方法
演歌だけでなくろうそくの火を使う練習法
ハミングで合唱するときの歌い方
司会の声の出し方と喉の奥を開く
カラオケボックスの合唱練習の歌い方
ラップの歌い方のテクニックやコツ