司会練習法、ボイストレーニング

司会練習法

スポンサーリンク

司会練習法について、
人は司会と聞くと緊張したり自信がなくなったり、上手く話せなかったり・・・・・となりがちです。
結婚式、イベント、会議など司会をする場面は色々とでてきますが、これは練習をしたり、ポイントを押さえたりする練習をで解決できます。
人の前に立ち大勢の人の前に出ると緊張して、声帯が硬くなり声が出にくくなって、声が裏返ったり、話す語尾がはっきりせずに,あやふやになったりします。
これは普段より口をしっかり開けて話す、腹から声をだす腹式呼吸をする、早口すぎゆったりした話し方で普段より会話をしていると、司会の時もゆっくり話せますので、喉を大きく開けるイメージで話す練習をすることでなれてきますので、是非是非普段より取り入れていきます。
今度は、、司会者の心得とコツのポイントとして、
起承転結の文章でく組み立てる。
・伝えたいポイントをはっきり伝えるには、起承転結のある話の流れが 必要です。
(起)話の話題が起きるキッカケ、物事
(承)話の信用性、起こり得た事実
(転)話の話題の転換、話の方向性を転換
(結)まとめ、そうなった結果

スポンサーリンク

・感情込めた表情ではなす。
 話す相手の方へ、気持ちを込めての表現が重要です。
 素直な表現のほうが、気持ちを込めた話し方になりますので、オーバーな表情、言葉のならないように注意が必要です。
 話す話題、姿勢はあくまで自然さを失わないように気をつけます。
・目は口ほどモノを言う
 人は相手の目の表情や動きを見て、相手の人を判断します。
 目はその人の言葉や態度とは異なり、本心を映し出す部分になります。
 そのため、相手の人が1人の場合には相手の目を見て話すことが重要になりますので、目線をそらしたり不安そうなマバタキも注意します。
 司会進行の場合などは、司会を参加者の方に視線を向けて、主の目線 は中央に持って行き、参加者の表情を確認するために前後に視線を 向けたり、左右に視線を向けたりして話す会場を全体にみわたします。
 全体を見渡しているうちに、安心感・自信を持つことが出来るように なっています。
 ポイントは全体を見渡す、話すスピードをゆっくりにしてはなします。
 人が冷静時の落ち着いた呼吸のスピードに合わせると、聞き手も 違和感なく聞けます。
 話す司会者は、自然体で自信を失わないようにすることが、重要です。
<人は大勢の前に来ると上がるのはみなおなじです。>
<自身を持って、慌てずゆっくりとしたスピード話すように心掛けます。>

スポンサーリンク

関連ページ

きれいな笑い方を獲得する発声法について
合唱でピッチを合わせる方法とは。
合唱を行う際の息漏れを防ぐ方法について
放送部練習とは。
放送部の練習メニューと基本
発声の時、痰がからむ原因 その1
発声の時、痰がからむ原因 その2
高齢者の為の、発声練習その1
高齢者の為の発声練習その2
オペラとミュージカルの違い!
ハミング合唱、発声練習!
ブルガリアンボイスの特徴と声の出し方!
ゴスペルの発声の違いとは。
1/fゆらぎとは,1/fゆらぎ歌手。
パッサージョ!ファルセットに変わる音域とは。
合唱歌い方
ミュージカル 発声練習方法
発声練習ができる場所はどこがいい
俳優や声優の、叫び声の練習方法
応援団の大きな声の出し方
声帯の振動による発声の仕組み
劇団四季で行っている母音法という発声練習
コーラスやアカペラ、バンドの声の出し方
筋肉を鍛えることが発声練習法で母音法と声帯だけを選ぶ理由
パッサージョの声帯の開き方とは
演歌のビブラートやこぶしの上達法
演歌で声を大きく出す喉を使わない方法
演歌だけでなくろうそくの火を使う練習法
ハミングで合唱するときの歌い方
司会の声の出し方と喉の奥を開く
カラオケボックスの合唱練習の歌い方
ラップの歌い方のテクニックやコツ