叫び声 出し方、発声練習

叫び声 出し方とは。

スポンサーリンク

 

発声練習で叫び声を出す場合、叫び声を出すためには、急に発声すると喉を傷めます。

 

場合により声帯への影響が出て、炎症を伴い声質が変わることがありますので練習なしに叫びのは是非さけます。

 

では、叫びの声は腹式腹式、肺活量、腹筋、背筋などの練習から始まり喉を開く練習をして初めて叫ぶ練習をすます。

 

まず、肺にいっぱいの空気を30秒で吸い込、一気に吐く練習を繰り返し、次に、肺いっぱい空気を吸って30秒や60秒をかけて肺の空気を吐ききる練習をする事で肺活量、肺機能が上がります。

 

肺の練習ができたら、今度は、空気を吸い込む際にお腹に空気を入れる感じ、お腹を膨らましながら肺に空気を吸い込み練習をします。腹式呼吸の練習です。

 

腹式呼吸が慣れてくると、お腹から声をだす練習となりますので、発声が力強く、大きな声になってきます。

 

上記が叫び声の基礎になりますので、繰り返しの練習を心がけてください。

 

今度は発声に移りますが、重要な点は喉を広げる事がポイントになります。

 

喉はデリケートな体の部分になりますので、喉を広げる点を忘れては行けません。

 

叫びのイメージとして

 

肩、首、背中、お腹をリラックスして、最初は足を少々広げ、応援団が応援する姿をイメージして立って練習をします。

 

スポンサーリンク

 

お腹から声を指すときに、喉に負担をかけることの無いようにします。

 

喉から「 ハ! 」の声をだしてみて、この時に喉を広がる感覚を覚えます。

 

喉を内側か首の方へ広げるイメージで、喉を広げます。

 

その状態で「ハ!」いってみます。

 

きっとこの時に口が大きく開いていると思いますが、最初は口が大きく開いてもOKです。

 

覚える感覚が優先です。

 

次に、喉を広げるイメージをつかみましたら、広げた喉を舌に下げるイメージ(喉を胃の方に下げるイメージ)で「ハ!」を出すと、今度は腹から声が出るような声になります。

 

少々迫力の声になったと感じたと思います。

 

そして「ハ!」を深呼吸後に、息を吐きなが「ハ!」をお腹に力を入れて(気持ちを入れて!)発声します。

 

最初は無理をせずに、力を弱くから初め、徐々に力を強くしていき叫ぶ発声練習をします。

 

言葉の自分なりに好きな言葉や、セリフなどで練習をしてください。

 

叫ぶは喉の練習を必ずしてから発声を!

 

が大切です。

 

上記以外の練習で、鼻腔共振の練習も叫ぶ練習の参考になりますので実践してみます。

 

スポンサーリンク

関連ページ

発声の仕組み。
発声の時の、呼吸法について。
声帯の役割!
発声の時に声が揺れる場合の対処法と良いビブラートのかけ方。
息継ぎは、鼻、口、どちらが良いか?
朝の発声練習!
鼻腔共振のコツをつかむ発声練習!
発声する時の舌の位置。
息漏れを解決する、きれいな発声練習。
喉を痛めない発声。
高音の時、喉が詰まりをなくす方法!
割り箸を使って、滑舌がよくなる方法!
小さな音で高音を出すコツ!
母音法トレーニング!
通る声の出し方!
ペットボトルを使った、簡単腹式呼吸マスター方法!
きれいなビブラートのコツ!
硬起声、軟起声の上手な活用法!
喉を痛めない歌い方・練習方法
下の位置が発声練習には重要で、その効果的な方法とは
喉をあまり使わない発声方法
喋る時に舌の位置がおかしい、原因と適切な練習方法
共振を意識した発声練習で通る声を手に入れる
声帯に負担かけない歌い方とは
合唱を成功させるためのパートごとの練習法やコツ
笑い声の出し方のコツと練習法
コーラスの大きい声の出し方
合唱の息継ぎや呼吸法について
コーラスのハミングの歌い方
合唱指導でいい歌声を出す方法
合唱の時、はっきりした声量の出し方のコツ
透き通った声の出し方と練習方法