ミュージカル 発声練習方法 腹式呼吸

ミュージカル 発声練習方法

スポンサーリンク

ミュージカルはセリフや曲を歌い、セリフの声の延長のトーンで歌います。
声質はクリアな発声で低音から高音まで、上手くつながりを持たせて歌う方法で、美しく、感情表現が含まれたセリフ・歌になります。
<ミュージカルの発声のウォーミングアップ>
声帯の準備運動と技術を身につけることからはじめます。歌う前にはいきなり声をだすのではなく、ウォーミングアップからが重要でそれが発声の練習になります。
発声のための声は声帯を振動して出しす為、初めに声を出すの声帯筋の準備運動から入ります。
最初はいきなり発声するのでなく、声帯筋の負担の少ない中低音からスタートして、徐々にに高い声を出すようにしないと行けません。
朝の声の出にくい状態でいきなり高い声を出すのは声帯筋に無理をさせる
事になりますので、準備運動のウォーミングアップが重要になります。
<ミュージカルの発声の練習>
・呼吸法(腹式呼吸法)
 腹式呼吸法とは、空気を吸い肺に吸い込みながらお腹を膨らまして、お腹 に空気をいっぱいに吸い込むイメージで肺にいっぱい空気を入れます。
 空気をいっぱい吸い込み(お腹が樽のように膨らむ)、吸いきったら一度 1-2秒息を止めて、ゆっくりと息を吐き出しきります。
 このお腹に空気を吸い込み、吐き出すことを腹式呼吸法と言い、よく お腹から声を出す・・というものになります。

スポンサーリンク

<母音をしっかり発音>
 日本語の特徴でもある母音は、すべての単語に必ず付いている音の為、この 母音をしっかり発音することが言葉を伝えるのに重要です。
 その母音をはっきり発音することを「母音法」になります。
 母音法の練習は、口を極端に広げたり閉じたりします。
 ア-りんごを丸かじりする口
 イ-口を横に広げ歯を上手つける
 ウ-口を丸く小さくし、唇を少々突き出す
 エ-アの口の形で口を横に広げる
 オ-アの口の形で口を縦に広げる
ような形の口をして発音練習することで、口の筋肉を鍛えることができます。
発音の言葉としては、鏡を見ながら
あいあうあえあお いあいういえいお うあういうえうお えあえいえうえお
かいかうかえかお きあきうきえきお くあくいくえくお けあけいけうけお
さいさうさえさお しあしうしえしお すあすいすえすお せあせいせうせお
たいたうたえたお ちあちうちえちお つあついつえつお てあていてうてお
ないなうなえなお にあにうにえにお ねあねいねうねお ぬあぬいぬえぬお

 

はいはうはえはお ひあひうひえひお ふあふいふえふお へあへいへうへお
まいまうまえまお みあみうみえみお むあむいむえむお めあめいめうめお
やいやうやえやお ゆあゆいゆえゆお よあよいようよえ ろあろいろうろえ
らいらうらえらお りありうりえりお るあるいるえるお れあれいれうれお
わいわうわえわお こあこいこうこえ そあそいそうそえ とあといとうとえ
の言葉を、発声練習のためのウォーミングアップとして、トレーニングの初めに5-10分間行う事で、キリイな発音になります。
上記のような、発音と発声のポイントを練習する事で発声の基礎をつくります。

スポンサーリンク

関連ページ

きれいな笑い方を獲得する発声法について
合唱でピッチを合わせる方法とは。
合唱を行う際の息漏れを防ぐ方法について
司会練習法。
放送部練習とは。
放送部の練習メニューと基本
発声の時、痰がからむ原因 その1
発声の時、痰がからむ原因 その2
高齢者の為の、発声練習その1
高齢者の為の発声練習その2
オペラとミュージカルの違い!
ハミング合唱、発声練習!
ブルガリアンボイスの特徴と声の出し方!
ゴスペルの発声の違いとは。
1/fゆらぎとは,1/fゆらぎ歌手。
パッサージョ!ファルセットに変わる音域とは。
合唱歌い方
発声練習ができる場所はどこがいい
俳優や声優の、叫び声の練習方法
応援団の大きな声の出し方
声帯の振動による発声の仕組み
劇団四季で行っている母音法という発声練習
コーラスやアカペラ、バンドの声の出し方
筋肉を鍛えることが発声練習法で母音法と声帯だけを選ぶ理由
パッサージョの声帯の開き方とは
演歌のビブラートやこぶしの上達法
演歌で声を大きく出す喉を使わない方法
演歌だけでなくろうそくの火を使う練習法
ハミングで合唱するときの歌い方
司会の声の出し方と喉の奥を開く
カラオケボックスの合唱練習の歌い方
ラップの歌い方のテクニックやコツ