合唱 歌い方 声の出し方

合唱歌い方、声の出し方!

スポンサーリンク

合唱の歌い方について
歌う前にまずは、歌う姿勢から改善していきましょう。
姿勢ですが、両足を少々広げ体重を平均的に自然にかけた状態で維持出来る姿勢を見つけますが、見つけた場合には周りの人から不自然ではないかを確認しておきます。
ただし、周りの人からの意見は参考にしてください。
あくまで今回は、不自然かどうかの確認にとめておきます。
次にいい声を出す為の基本を準備します。
喉を広げ、いい呼吸、よく響かすを重要な点として出来るようにします。
<初めに、顔の筋肉をほぐします。>
顔の口を動かします。
大きく口を開けて、顔の筋肉をすべて動くように準備運動します。
次には、ほほの筋肉を動かす練習で顔の筋肉をほぐします。
口元を両サイドに広げ、kそ全体の筋肉をほぐしておきます。

スポンサーリンク

<呼吸法>
お腹の中に空気を取り込む腹式呼吸のように、お腹に空気を吸い込みお中から、「はっ はっ はっ」とお腹から空気をだすイメージになります。
<息の速度>
腹筋を使いながら、歯の隙間よりどれくらいの発声のいきが続かを確認しておきます。
歯の隙間より声を出す効果は、一気に声を出すことでなく時間をかけて息を吐く練習で、演歌歌手が口元のろうそくの火を消さないように息を吐くれんしゅうとおなじです。
<音の練習>
音程の練習、音量の練習、音質の練習をしますが、音程は比較的に得とくしやすいですが、音量は同じ音程で音量を調整して出せると幅が広がります。
最後に同音程・音量でも音質(音色)を変えて出せるようになると、歌の幅がもっと広がり、特に合唱に置いては音質(音色)は歌の表現を更に広げる効果がありますので、合唱に置いては重要です。
合唱は楽器などの補助演奏楽器が少ないために、声が出せる、声により歌のハーモニーを簡単に作り出でますが、より美しくハーモニーを出すには、さらに表現力が豊かな歌い方が重要です。

スポンサーリンク

関連ページ

きれいな笑い方を獲得する発声法について
合唱でピッチを合わせる方法とは。
合唱を行う際の息漏れを防ぐ方法について
司会練習法。
放送部練習とは。
放送部の練習メニューと基本
発声の時、痰がからむ原因 その1
発声の時、痰がからむ原因 その2
高齢者の為の、発声練習その1
高齢者の為の発声練習その2
オペラとミュージカルの違い!
ハミング合唱、発声練習!
ブルガリアンボイスの特徴と声の出し方!
ゴスペルの発声の違いとは。
1/fゆらぎとは,1/fゆらぎ歌手。
パッサージョ!ファルセットに変わる音域とは。
ミュージカル 発声練習方法
発声練習ができる場所はどこがいい
俳優や声優の、叫び声の練習方法
応援団の大きな声の出し方
声帯の振動による発声の仕組み
劇団四季で行っている母音法という発声練習
コーラスやアカペラ、バンドの声の出し方
筋肉を鍛えることが発声練習法で母音法と声帯だけを選ぶ理由
パッサージョの声帯の開き方とは
演歌のビブラートやこぶしの上達法
演歌で声を大きく出す喉を使わない方法
演歌だけでなくろうそくの火を使う練習法
ハミングで合唱するときの歌い方
司会の声の出し方と喉の奥を開く
カラオケボックスの合唱練習の歌い方
ラップの歌い方のテクニックやコツ