割り箸 滑舌 良くする 発声練習 

割り箸を使って、滑舌がよくなる方法!

スポンサーリンク

 

そもそも滑舌が悪い原因とは
何が影響しているものなのでしょうか

 

 

・歯の要因(歯並び、八重歯)
・発声が悪くはっきりした声にならない

 

 

・音が正しくでていない
・音が出ていても、潰れたり、言葉が繋がっている。
・舌足らず

 

 

などが、滑舌を悪くしている原因といわれています。

 

 

滑舌改善する方法とは

 

 

よくアナウンサーの方がよくやる
発声練習法に割り箸を口にくわえて

 

読む練習法にその名の通り、
割り箸練習法なるものがあります。

 

 

この方法は滑舌が悪く、
はっきりした音にならない言葉や

 

口が回らず俗にいう話の途中
で会話が止まってしまう

 

「 かむ 」状態のことを言います。

 

 

この「かむ」を改善する方法とは、
割り箸を割らずに横向きに口にくわえて
読む練習法になります。

 

 

この練習方法は、
比較的短時間で効果が期待切る方法で、

 

ボイストレーニング、話し方教室、
舞台稽古などの人が滑舌をよくやります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

理由としては、

 

 

口の周りの筋肉を鍛えることができれば
滑舌がよくなるので、

 

割り箸を口にくわえると、
口角に箸をかむことで不可がかかり、
口の周りの筋肉を鍛えることがでいきます。

 

 

くわえたままで、言葉を言い難い常態で
難しい言葉を発声します。

 

 

割り箸を口からとってみると、
割り箸を外す前よりも簡単にで楽に

 

滑舌よく楽に滑舌よく発音が
出来るようになっています。

 

 

<ボイストレーニング練習用語例>

 

 

あいあうあえあお いあいういえいお 

 

うあういうえうお えあえいえうえお

 

 

 

かいかうかえかお きあきうきえきお

 

くあくいくえくお けあけいけうけお

 

 

 

さいさうさえさお しあしうしえしお

 

すあすいすえすお せあせいせうせお

 

 

 

たいたうたえたお ちあちうちえちお

 

つあついつえつお てあていてうてお

 

 

ないなうなえなお にあにうにえにお

 

ねあねいねうねお ぬあぬいぬえぬお

 

 

 

はいはうはえはお ひあひうひえひお

 

ふあふいふえふお へあへいへうへお

 

 

 

まいまうまえまお みあみうみえみお

 

むあむいむえむお めあめいめうめお

 

 

 

やいやうやえやお ゆあゆいゆえゆお

 

よあよいようよえ ろあろいろうろえ

 

 

 

らいらうらえらお りありうりえりお

 

るあるいるえるお れあれいれうれお

 

 

 

わいわうわえわお こあこいこうこえ

 

そあそいそうそえ とあといとうとえ

 

 

 

以上がボイストレーニング
の代表的な発声用語になりますので、

 

腹式呼吸、大きくはっきりした音で、
数回は箸を使って練習すると
滑舌悪くから脱却出来るようになっています。

 

 

繰り返しがんばりましょう。

 

 

スポンサーリンク