発声の応用

発声の応用

発声の応用記事一覧

発声法で重視されているのが、腹式呼吸と呼ばれる独特の呼吸法です。こういった呼吸法をすることで、自分の声のコントロールがしやすくなります。アナウンサーや声優などは特にきれいな笑い方が求められるため、笑う時の声の出し方も研究しているのです。一般の方の場合にも、ちょっとした工夫をすることで発声法を変えてきれいな笑い方が出来るようになります。ボイストレーニングでは、実際このような時の声の出し方がトレーニン...

合唱は歌う人全員のピッチがあっていないと綺麗に聴こえることがありません。この合唱におけるピッチを合わせるための発声練習法にはどのようなものがあるのでしょうか。そもそもピッチとはその音に対するずれの事であり、キーボードなどと言った決まった音が出る楽器ではこれが完全に合っている状態で音が出ますが、バイオリンなどと言った弦楽器の場合、弦の締め具合や抑える位置によって的確な音を出すことが出来るとは限らず、...

美しい合唱にするために最も大切なことのひとつに、全員が息漏れのない発声法で歌うことがあげられます。一人一人の声がよく響き渡るホールなどでは、たとえ大勢の歌声に混ざっていたとしてもたった一人の息漏れの音がハーモニーを阻害してしまう場合もあるからです。息漏れとはその名のとおり歌っている最中に息がもれて呼吸音が混ざってしまうことです。澄んだ裏声の中に息の音が混ざってしまうことで、合唱の中にスーという雑音...

司会練習法について、人は司会と聞くと緊張したり自信がなくなったり、上手く話せなかったり・・・・・となりがちです。結婚式、イベント、会議など司会をする場面は色々とでてきますが、これは練習をしたり、ポイントを押さえたりする練習をで解決できます。人の前に立ち大勢の人の前に出ると緊張して、声帯が硬くなり声が出にくくなって、声が裏返ったり、話す語尾がはっきりせずに,あやふやになったりします。これは普段より口...

放送部の発声練習には、筋力アッグと滑舌を良くすることを重点的に練習すると聞き手に聞き入れやすい話し方になります。筋力アップトレーニングとしては、準備運動を含め発声のためのは重要で声が、喉からでなく腹からの声になり、声が通りやすい声になします。腹筋運動、背筋運動の筋力アップなどは、単に筋力のみではなく、発声のための腹式呼吸に役にたちます。声の発声練習としては、肺活量を鍛える事もできるロングトーンを実...

放送部に入部しているという人がいます。放送部ではきれいにはっきりとした声で情報を伝えると言うことが必要になってきます。そのためにはボイストレーニングをするというのが効果的となります。放送部では、毎日の活動の中で発声練習を行っています。この発声練習を行うことで、筋力の向上と滑舌を良くすることができる効果があります。したがって発声練習は非常に基本的なこととなっています。放送部では練習メニューとして筋力...

発声練習、カラオケ等で声が調子悪い原因の上位は痰がからんで、上手く発声ができない、歌えない症状が出る。そもそも、なぜ痰がからむのか・・・・痰は喉を守ろうとする為に出る要因でもあり主な原因としては、、・喉の準備ができない、・乾燥している、・風邪をひいていいる、などが・主な原因があげられると思います。ではどうしたら改善、良くなるのでしょうか。症状ごとで、考えてみたいと思います。乾燥している、喉の準備が...

発声練習、カラオケ等で声が調子悪い原因の上位は痰がからんで、上手く発声ができない、歌えない症状が出るそもそも、なぜ痰がからむのか・・・・痰は喉を守ろうとする為に出る要因でもあり主な原因としては、、・病気が影響している・アレルギーになっている、・ポリープなどがあげられると思います。病気が影響しているものとして慢性鼻炎、福鼻腔炎などの体質の方は、鼻水が喉の方へ戻る事があり、この鼻水が影響をして痰を出す...

高齢者の発声練習法( 初めに )!高齢者の発声練習を始めるにあたり、まず高齢者の方は声出し、リズム感、呼吸法などを順番に始めることをお薦めいたします。まず、発声練習も得てとしている方や苦手の方など、個人差はありますが、好きこそ物の上手なれと言われているので、苦手意識をもたずに進める必要がありますので、一度にするのでなく時間をかけ、負担の無いように注意しながらをお勧めいたします。初めに・腹式呼吸!・...

高齢者の発声練習法( その2 )高齢者の発声練習を始めるにあたり、滑舌よくする、リズム感、などを順番に始めることをお進めいたします。次に、発声練習も得てとして、苦手意識をもたずに進める必要がありますので、一度にするのでなく時間をかけ、負担の無いように注意しながらをお勧めいたします。今回は滑舌よくするになります。 滑舌よくする方法としては、下記の単語を練習が効果的で 「 まみむめもまも 」 「 られ...

よくオペラとミュージカルの違いあるのかな?と言われることがありますが、今回しらべてみました。オペラはヨーロッパ文化から生まれたクラシック音楽が基本でオーケストラが演奏、ミュージカルはアメリカ文化から生まれたジャズ音楽が基本で、電子楽器を含めた、演奏で成り立っています。発声方法では、オペラはマイクを使わず生の声で歌い、歌手は歌うのみで踊りはダンサーが担当するにたいして、ミュージカルはマイクを使い歌手...

ハミングとは、と言うと一般的には鼻音をだすイメージです。実際には、鼻からではなく喉がなっているような感じの音が聞こえるように聞こえてきます。このような喉がなっている歌い方をしていると、ハミングではなくなることもそうですが、喉への負担がかかり、炎症を起こす可能性もあるます。症状としては、鼻・喉が鼻詰まりのようになる逆効果です。では、効果的なハミングの発声として、簡単な練習方法としては、気分が良い時に...

ブルガリアンボイスとは東ヨーロッパのブルガリア地方に古くからある女性合唱のことを指していて、ブルガリア共和国の伝統的な歌唱法として人気を集めています。ブルガリアンボイスの特徴してあげられるのは、まず、合唱の中に不協和音を多用していることです。通常の合唱のように協和するハーモニーを追求せず、ドとレ、レとミ、ミとファといった隣同士の和音を用いて、独特の声の響きを生み出しています。次に特徴的なのは発生方...

ゴスペル発声についてですが、ゴスペルはマメリカで発祥した音楽に1種です。どの歌であり基本的な発声の方法は同じで、ゴスペルで会っても他の発声と基本的には同じです。歌をうたうにあたり、基本は腹式呼吸が基本として日々練習が必要で、腹式呼吸がしっかり出来ているようであれば、素晴らしい声で十分気持ちを込めた歌として歌唱出来るようになります。そこで、ゴスペルに場合でコーラスは3つに分類され、ソプラノ、アルト、...

1/fゆらぎとは、空気の振動似て人の耳、心に心地よい振動・波長を与える事です。簡単に言うと、1/fゆらぎは自然のそよ風が微妙な強弱の変化しながら揺らいでいる、心地よいかぜのようなものです。こうした強弱の適度なゆらぎが、心に心地よさを感じさせていると言われています。自然界で風鈴の音、ろうそくの火、小川のせせらぎ、夜空の星のまたたき、などに1/fゆらぎが含まれていると言われています。1/fゆらぎが心地...

パッサージョとは、(パッサージョはイタリア語でアメリカ後でいうとチェンジになります。)発声して音程を上げていくと地声で音域がキツくなり、歌いにくくなる高さの音をパッサージョと呼ばれています。歌い手が低音から高音へ上げていく際に声・喉が苦しくなり声の出し方を変えて、軽い音や頭に抜ける音へ発生方法を変えて、もう一段上の音まで歌えるようになります。この声の変化音域をパッサージョとの意味合いになります。男...

合唱の歌い方について歌う前にまずは、歌う姿勢から改善していきましょう。姿勢ですが、両足を少々広げ体重を平均的に自然にかけた状態で維持出来る姿勢を見つけますが、見つけた場合には周りの人から不自然ではないかを確認しておきます。ただし、周りの人からの意見は参考にしてください。あくまで今回は、不自然かどうかの確認にとめておきます。次にいい声を出す為の基本を準備します。喉を広げ、いい呼吸、よく響かすを重要な...

ミュージカルはセリフや曲を歌い、セリフの声の延長のトーンで歌います。声質はクリアな発声で低音から高音まで、上手くつながりを持たせて歌う方法で、美しく、感情表現が含まれたセリフ・歌になります。<ミュージカルの発声のウォーミングアップ>声帯の準備運動と技術を身につけることからはじめます。歌う前にはいきなり声をだすのではなく、ウォーミングアップからが重要でそれが発声の練習になります。発声のための声は声帯...

発声練習をする場所を確保ですが、結構頭が悩みます。自宅では家族へ聞こえてしまいます。学校では、音楽教室など専門の教室があればよいですが、実際には教室は個人的に使用することは難しかったりします。では発声練習はどこですればよいか、レンタルスタジオなどの有料スタジオをレンタルする。レンタルスタジオの場合、有料のスタジオを借りて発声練習の方法がありますが、レンタルスタジオは機材が設置されていて、録音の機材...

舞台俳優や声優を目指している場合、普通の声だけではなく叫び声などの出し方についても練習をしておく必要があります。叫び声は通常の発声や台詞の練習とは違ってきますので、練習方法にも気をつける必要があります。台詞の練習などは自宅などでもできますが、叫び声を練習しようと考えている方は防音設備の整った場所を確保する必要もあります。どうしても大声を出すことになるため、周りへの配慮を行うことも大切です。近くに適...

運動会シーズンになると、いろいろな学校から大きな声で応援団の練習をしている子供たちがいます。好きで応援団になる子もいれば、なりたくもないのに選ばれたり、くじで負けてしまったりいろいろな選出があるようです。たった1か月余りで、今まで出した事も無いような大きな声を、マイクも使わず声を出さなければいけないということは大変な事です。あわせて、振り付けも覚えなければいけません。一生懸命やっているのに先輩の上...

発声の仕組みは、大まかにいえば、息を吸うと肺が膨らみ、空気を溜めます。その肺が収縮することで送り出された息が、声帯を通過した時に振動します。それが音になる仕組みです。声帯とは、咽頭部にあり、普段呼吸しているときは開いています。それが、発声しようとすると狭まり振動します。この時点では、まだブザーのような音で、声には聞こえません。体の中には、共鳴腔(きょうめいくう)という空洞スペースがいくつかあります...

いまよりもボリュームがありとおる声を手に入れたい場合、劇団四季の発声練習を参考にしてください。劇団四季ではプロならではの発声方法によって、良く通る声を手に入れています。ミュージカル通からは「明瞭なセリフで有名」な劇団だからこそ、身体全体を使っての発声方法を理解し、一般人でも取り入れやすくなるメソッドを期待できるのです。・劇団四季で編み出されたやりかた1:腹式呼吸腹式呼吸は様々な発声練習で基本とされ...

日本では、昔、あるテレビ番組で、瞬く間にアカペラが有名になりました。しかし、実際のアカペラの歴史は古く、500年以上も前から存在します。「ア・カペラ」とは、教会を意味する語源であり、ヨーロッパでは教会音楽の簡素化とともに、これが誕生しました。コーラスは、学生時に音楽の授業で習う方が多いです。日本では合唱と呼ばれています。こちらの歴史はさらに古く、古代エジプトやギリシャでも、優れた合唱音楽があリまし...

発声練習法には様々な方法がありますが、母音だけを発声練習で続ける方法をはじめ、声帯だけを呼吸を通じて鍛える方法、呼吸からレッスンを受ける方法と多彩です。どんな発声練習法が向いているのかはその人次第ですが、母音だけを発声する方法は、大きな劇団でも使用されている為、基礎中の基礎といえます。また、周囲の家に騒音にならないよう配慮して練習する場合には、声帯だけを呼吸で鍛える方法を利用する人は少なくありませ...

歌を歌うときに、パッサージョという言葉を耳にすることがあります。しかしパッサージョとは実際にはどのような特徴があるのかわからないという人も少なくありません。パッサージョとは次のようなものとなっています。これはイタリア語となっており、英語ではチェンジの意味となっています。発声をして音程を上げていくと言うことがありますが、このときに地声では音域がつらいと感じることがあります。このように歌いにくくなる高...

演歌を歌うときにビブラートやこぶしという言葉を耳にすることがあります。演歌を歌うときにはこぶしやビブラートというのは非常に欠かせないものとなっています。したがってこぶしやビブラートを習得するためには、しっかりと上達法を頭に入れておく必要があります。こぶしとはどのような特徴があるのかというと、演歌の中で節回しをするときに強調するテクニックのことになります。演歌ではこぶしが非常に重要なものとなっていま...

演歌歌手は非常に声の使い方が上手となっています。ボイストレーニングを行っていると言うことで上手に声を大きく出すと言うことができますが、演歌で声を大きく出すということのほかに、喉を使わない方法が気になります。声楽という分野がありますが、ここでは声を大きく出す方法として、喉を使わない方法があります。演歌では喉を絞めた状態で歌を歌うと言うようになっています。これでは声を大きく出すことができますが、その人...

演歌や浪曲を中心に行われる、ろうそくの火を使った練習法は、初めて聞くと漫画やアニメの中だけのことと考える人が少なくありません。しかし、実際に有効な練習法として、演歌だけでなく歌を歌う人すべてに当てはまります。やる前に気を付けてほしいこととして、ろうそくの火はろうそく立てで固定する事、ろうそくの火の周辺に燃えやすいものを置かない事、机の上など安定した場所に置く事、一定時間練習したら窓を開けて室内を換...

ハミングは合唱でも利用され、鼻で歌っているように聞こえることから、鼻音唱法と呼ばれる歌い方です。歌詞がついていないため、歌詞を覚えなくても歌えること、発声と顔の筋肉の様子をチェックできる歌唱法として、利用されることが多くあります。正しいやり方を覚えることで、歌唱法に広がりが出ますし、さらに時と場合に応じたテクニックを身に着けられるため、ぜひ正しく覚えて実行してください。まず第一に、口は閉じで行うの...

会議や発表などの場で司会をするということがあります。司会を聞くと非常に緊張をするという人がいますが、しっかりと練習をすることでスムーズに司会をすることができるようになっています。人は司会と聞くと緊張をしたり自信がなくなったりと言うことがありますが、結婚式やイベントや会議などで司会をしなければいけない場面はたくさんあります。このようなときに緊張をするという人がいますが、しっかりとポイントを押さえてお...

カラオケボックスに行くという人がいます。カラオケボックスではたくさんの人と一緒に歌を歌うことができるので非常に楽しいところとなっています。しかし歌に自信がないという人も少なくありません。このような人でもカラオケボックスで上手に歌うことができる歌い方が気になります。カラオケボックスに行く前には、合唱練習をするという方法があります。これで上手な歌い方を取得することができます。歌に自信がないという人は、...

ラップはメロディがあまりなく韻を踏みながら歌う方法ですが、曲によってきちんと音程があり、なおかつ楽譜上にはないアーティスト特有の言い回しなどもあるため歌詞の通りに声にするだけではうまく歌えないことが多いです。歌い方のコツとしてはまず曲を歌いこんで自分のものにしましょう。繰り返し何度も聞いて、聞きながら一緒に口ずさむことで歌えるところを増やしていきましょう。韻の踏み方などの歌い方はアーティストの歌い...