発声練習、ボイストレーニングの初級編

発声の基本、基礎

発声法の基本記事一覧

発声と一言でいうと難しいですが、仕組みを知ることで理解が深まります。まずは発生の仕組みを分類してみました。発声の仕組みで大きく分けると@ 呼吸A 発声B 共振、発音の仕組みで発声ができています。具体的には@呼吸は声帯を振動させる為に必要なもので、空気が声帯を通る時に声帯が振動して初めて、音として生まれます。そして、空気の量、時間、空気の流れの強弱が出来る事で、声が自在に使えるようになっています。そ...

人体では声帯に空気が通過することによって音が鳴り、それが声となりますが、空気の量と音とは直接的な関係はとくに存在していません。声量や音程、声質や言葉の発音といった、すべての声にこれは共通していることです。そのためにたくさん空気を吸い込めば大きな音が出るということはなく、基本的な発声の仕組みとしては、誰でも同じです。ただし生まれ持った骨格や声帯の形状によって声質は決定されているために、個人によって異...

声帯の役割とはなんでしょうか。声帯は口から音をだして、会話を擦り手段でコミュニケーションをとる重要な役割をしています。声は、吸った空気を送り出す際に声帯を通るときに音、初めて声になります。声帯は喉の奥に2本ある帯のことで、その声帯の動きで声がきまります。普段こきゅううしている時は、声帯が開いた状態で、声をだす際は声帯が閉じ振動することで初めて、声としてでます。その声は、帯が閉じていて声帯の振動が空...

発声をしている時に、声が揺れる事があります。これには二つの理由が考えられます。一つ目は肺活量が足りていなくて発声が持続出来ないからです。二つ目は喉に力が入りすぎている事があげられます。どちらも基礎的な身体作りが足りない事が理由ですので、声が揺れるのを克服したい場合、トレーニングをしっかり継続して行う事がとても大事になります。トレーニングとしては腹筋、背筋、柔軟体操を毎日繰り返し行います。ジョギング...

ブレスは一般的には、鼻から吸うことが良いと言われていますが、時には口から吸うことも必要です。鼻からブレスする、良い点とは。それは、喉の乾燥をしないようにとの目的で、鼻から吸うことが良いと言われています。鼻から吸うと、鼻の粘膜の水分が、喉を通る為に喉の乾燥を防ぐ効果があります。口からブレスする、良い点とは。鼻よりも多くの空気を一気に吸い込みやすい、酸素を吸いやすいメリットがあります。上記のように、一...

朝、発声練習の初め方は、皆さんも朝起きてすぐって体もの脳も寝起きの状態でしっかり働いていませんですよね。実は、声帯も寝起きの状態は体と一緒で起きていません。準備運動が必要です。寝起きの状態も、毎日異なるように声帯も日々条件は異なっています。ではどのようにしたら、声帯がスムーズに動くようにするかというと、声帯を起こしてあげるようにしてあげればいいのです。専門的な用語では、声帯を起こす と表現している...

鼻腔共振のコツをつかむ方法まず、鼻腔共振とはそもそもどういうものなのでしょうか。鼻腔共振とは、喉を開いて歌う方法のことで、歌うときに鼻の奥も一緒に響かせて共振をさせることです。声に厚みを持たせてることで、この鼻腔共振がうまくなると声量が大きくなり上手に聞こえるようになります。では具体的に鼻腔共振のコツをつかむにはですが、まず口を閉じて、舌の全体を上あごにつけるような常態で、「 ドレミファソラシド ...

発声の良し悪しのポイントで、舌の位置は重要です。舌は腹式呼吸と同様にボイストレーニングにおいて重要なポイントです。舌は手足と異なり、なかなか自由に動いてくれないので、本職の声優さんでも、練習をしています。昨今、話し方が以前と比べ大きな声で話すことがなくなり、お腹から発声したり、舌の筋力が落ちたりしています。響きがよく良い声の場合のためには、口を大きく広げ、口の中を広くとって発声すれば良い響きのある...

息漏れとは。普段会話をしていて、話す相手より聞き無しが多いとか、「言葉がわくりにくい」とか、「しゃべる時、息が抜けいない」と相手より言われた経験ありますでしょうか。自分は気づかない状態ではあるが、数人に同じようなこと言われた経験あるようならば、いきが抜けている可能性あります。仮に息漏れが起きていると会話が難しかったり、長時間の会話がしにくくなり疲れやすくもなります。息漏れの原因としては、1.歯の形...

発声は声帯を動かして声をだしていますが、この声帯はある程度使うと疲れが出ます。普段声帯を使わない人が急に使ったり、急に大声を出すようなことを続けると、声帯が疲労し喉が渇いた状態、痛くなったりしてかえって喉に力を入れて話せるようになるため、より声帯が悪化します。具体的に話しますと、腹式呼吸をしないで話をする、発声をする。無理して喉声の状態でも喉を使い続ける。などが悪化の要因で、喉を傷めます。他の原因...

高音の発声の時に苦しくなり喉が詰まる時に喉を開来なさいとの指導を聞くことがあると思います。では、喉を開くとは何か、喉を開くと言うのは、喉の奥の空間を広くすることで、例えばあくびをした状態を作れば喉を開くと近い状態になります。喉を開くとなぜ良いのか。喉を開く事は、高音発声時に高音の音を出そうとして喉仏が上がってきます。喉仏が上がってくると喉の奥の空間が確保できなくて声が共振せず、声が絞られた声になり...

そもそも滑舌が悪い原因とは何が影響しているものなのでしょうか・歯の要因(歯並び、八重歯)・発声が悪くはっきりした声にならない・音が正しくでていない・音が出ていても、潰れたり、言葉が繋がっている。・舌足らずなどが、滑舌を悪くしている原因といわれています。滑舌改善する方法とはよくアナウンサーの方がよくやる発声練習法に割り箸を口にくわえて読む練習法にその名の通り、割り箸練習法なるものがあります。この方法...

自分の声や裏声など、初めて頃は中音から高音を指す時には大きい声になりがちで、特に高音の時は力を入れた大きい声になりがちです。この原因は、地声の高音で声帯のを振動させて発声しようとすると、呼吸量と勢いが必要なために、必要以上にボリュームが大きくなり大きい声になりがちです。また、裏声で高音を小さな声を出そうとすると、声帯が伸びた状態、喉の奥が開いた状態から少量の呼吸で安定させる必要性があるため、横隔膜...

音法とは、日本語の母音をきれいに発音出来るようにする練習方法で、有名なところで、劇団四季のトレーニング取り入れている発声練習方法です。日本語の一つの言葉には、母音、子音+母音の構成で日本語の一文字が構成されていて、母音をはっきりしないと言葉が伝わらないのが日本語になっています。例えば、例をあげますと「た」の日本語は分解してみると、舌先を歯の裏側もしくは、上あごにつけた音の「t」の子音と「u」の母音...

通る声の出し方!通る声とは、大きい声!・クリアなハッキリした声!・きれいな声!・響きがあり、透き通る声!などの声が通る声との理解になりますが、これらの声を出そうとすると、響かせる技術を練習する必要性があります。そのためには、発声の要素である口唇、舌、軟口蓋(なんこうがい)などのが働き、喉頭、咽頭、口腔、鼻腔等の部位が働く事で発音をしている。簡単言うと、口、鼻、喉などを有効に利用、訓練することで、通...

発声練習で叫び声を出す場合、叫び声を出すためには、急に発声すると喉を傷めます。場合により声帯への影響が出て、炎症を伴い声質が変わることがありますので練習なしに叫びのは是非さけます。では、叫びの声は腹式腹式、肺活量、腹筋、背筋などの練習から始まり喉を開く練習をして初めて叫ぶ練習をすます。まず、肺にいっぱいの空気を30秒で吸い込、一気に吐く練習を繰り返し、次に、肺いっぱい空気を吸って30秒や60秒をか...

発声練習、楽器演奏、運動などする時に肺へ多くの空気を取り込める方法が、腹式呼吸になります。その腹式呼吸をマスターする簡単な方法に、実はペットボトルを使った方法があります。腹式呼吸が出来るようになると、肺に多くの空気を取り込める為、歌、合唱、運動で息が続けることが出来るようになり、それだけでいきが長続きできるようになり、肺活量も多くなります。腹式呼吸のメリット、効果!ペットボトルを使って腹式呼吸のメ...

ビブラートは喉頭の広さをたもっていて、しっかりした腹式呼吸をしているだけで自然に出てくるものなのです。実際声帯の動きという事を見てみると、クラッシック、ポップスなどのビブラートと演歌のこぶしは、の喉が規則的な動きが見れれます。その動きとは、喉の一部分が動く場合と、喉の全体が動く場合がありますが、声を装飾しようとする目的は同じで、喉の動きは同じような動く方をしています。重要なのは、声の震えがどういう...

歌い出しの最初の声を起声と言い、声帯の振動の仕方で起声は2種類に分類されます。喉が開いた状態で自然に出るのが軟起声です。息を止めた状態からスムーズに出る声で、軟起声は喉への負担も少ないです。軟起声は甘い感じで歌う際や、悲しみが際立つバラードを歌う時によく使われる起声です。硬起声とは一度喉を閉じて、喉に力を入れて出す声のことを言います。笑い声のような強い起声で、喉から一気に爆発させるように声を出しま...

日本ではカラオケがすっかり外で遊ぶときの定番となりました。老若男女歌う機会は昔に比べてとても増えたと言っても良いでしょう。カラオケではフリータイムがあり、その時間内であれば何時間歌っても同じ料金で楽しめます。特に若い人は夜のフリータイムを利用して朝まで歌い続けるという機会も多いのではないでしょうか。そんな時、間違った歌い方をすると喉を傷めてしまい、声がかすれたり場合によっては出血したりします。頻繁...

発声練習方法には様々なものがあります。まず、発声にはお腹から力を出すことが大切ですから、腹筋運動から始めることもよくあります。そして、どれくらい息が持つようになったか、口を大きく開け「アー」と言える間途切れずに発声します。これができないと、長文を読む時に声がかすれるなどの問題があります。その為、この基礎中の基礎をしっかり訓練します。次に、発声練習方法として、発音の練習をします。「アエイウエオアオ、...

歌を歌う、大声を上げるなど喉にある声帯を使う事は少なくありません。ただ、使い過ぎると喉が枯れてしまう事も多く、声帯を痛めて声がかれることもあります。そこで、正しい発声方法を学んで喉に負担をかけづらい方法で声を出すことを学んでください。・腹式呼吸をするおなかから声を出すのは昔からよく言われています。のどを使わない発声方法を学ぶ為には、呼吸方法を変化させなければなりません。そのためには、腹式呼吸をマス...

喋る時にどうしてもこもったような話し方になってしまう場合、原因は複数存在しています。・歯並びが悪い、または虫歯がある歯列矯正や虫歯治療を早めに行うことが重要です。あるいは、口の動き、下の動きを変化させることで多少話すときの声の通りが改善します。・吃音吃音が原因の場合には、専門の医療機関を早めに受診してください。早めに受信することで吃音から開放され、滑舌が良くなります。・肥満急激に体重が増えてしまう...

発声練習というと、歌がうまくなりたい人がおこなうものという印象が強いですが、日常生活を営む上でも発声練習は大きなメリットになります。そもそも人と顔を合わせてコミュニケーションをとる場合に、声の印象というのはその人自身の印象にも大きくかかわるものです。個人的な関係はもちろん、ビジネス上の付き合いなどでも声というのは人間関係を円滑に進めるための重要な要素となりうるのです。自分の声に何らかのコンプレック...

歌を歌っている時など、無理やり声を出そうとして声帯を痛めてしまうことは珍しくありません。むしろボイストレーニングなど発声練習を行っていない人では、多くの人が声帯に負担のかかる歌い方をしています。声帯を痛めてしまうと声がかすれてしまったり、長期間にわたってその状態が続くと声がかすれたまま治らなくなってしまったり、ポリープが出来てしまう場合もあります。そうならないためにも、声帯に負担かけない歌い方を覚...

合唱がうまくなるのには練習を重ねることも大切ですが、それ以外にもちょっとしたコツが必要です。ただ回数を重ねるだけの練習法では楽しむことができず、なかなか上達せずにきつい思いをすることになります。合唱がうまくなるための練習法のコツとしては、まずパートで練習することから始めましょう。まずしっかりと音をとれるようにしてから、違うパートと練習をしましょう。この時、ほかのパートにつられないようにしましょう。...

笑い声の出し方を意識しているという人は少なくなっていますが、上手に笑い声を出したいと考えている人がいます。このようなときには上手な笑い声の出し方のコツがあります。ボイストレーニングという方法がありますが、ここでは笑い方の出し方のコツを習得することができるようになっています。そこで気になるのが笑い方の出し方のコツというものになります。発声法が注目されていますが、この練習法では腹式呼吸と言うことが行わ...

コーラスで大きい声を出したいと考えている人がいます。しかし急にコーラスで大きい声を出すことはできません。そのためにはしっかりと発声練習を行う必要があります。コーラスで大きい声を出すときに、腹式呼吸という言葉を耳にすることがあります。歌を歌うときには腹式呼吸を行うと聞くことがありますが、実際に正しい腹式呼吸をすることができているのか気になります。腹式呼吸とはどのような特徴があるのかというと、肺の下部...

合唱をするときには、きれいな歌声を出すために、しっかりと息継ぎや呼吸法を行うことが必要になります。準備体操をして体をほぐすと言うことも必要になりますが、準備運動をすることができれば合唱の際に必要なことは息継ぎや呼吸法となります。合唱では腹筋を上手に使って息継ぎをしたり呼吸法を身につけるということが必要になります。息を出すことを練習したり、息の使い方を練習する必要があります。ここで大切になるのは呼吸...

コーラスでハミングという歌い方があります。ハミングという言葉を聞くことはあっても実際にどのような歌い方をすればいいのかわからないという人が少なくありません。コーラスの中でハミングを行うことができるというのは非常に重要なポイントとなります。そこで気になるのはコーラスの際のハミングの歌い方となります。ハミングはボイストレーニングを行うときに非常に重要なポイントと考えられています。ハミングは鼻歌のことに...

合唱指導についてお話になります。子供たちが自信をもっていい歌声を出す方法を教えるのが、合唱指導です。適切な合唱指導を行うには、いい歌声を出す方法を学んで、わかりやすく系統づけてまとめ、質問をシミュレーションしておくことが重要となります。具体的に合唱指導として大切なのは、子供たちが合唱を愛せるような指導を行うことです。例を挙げると、いい歌声を出す方法をユーモラスに教え、興味を持ってもらえるようにして...

合唱を楽しんでいるという人がいます。合唱をするときにはいくつかのポイントをしっかりと押さえておく必要があります。合唱を行うときには、声量や声の出し方のコツがあります。このコツをしっかりと押さえておくことで、きれいな合唱を行うことができるようになっています。合唱では声量が重要となります。これはきれいな声を出すことにつながります。合唱が上手くなるためにはコツが必要となります。しかし合唱そのものに関して...

透き通った声と言うのは非常に魅力的なものとなっています。透き通った声というのはプロの歌手にしか出すことができないと考えている人がいますが、決してそのようなことはありません。少し工夫をして練習をするだけで、透き通った声を出すことができるのです。透き通った声の出し方としては次のような練習方法があります。まずはしっかりと発音をすることが必要となるので、その出し方として滑舌をよくするという方法があります。...